スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

首相街頭演説

昨日に続いて麻生総理に関するエントリーです。

何か虚しさを感じたのは私だけでしょうか?
秋葉原で街頭演説したから仕方が無いという向きもあるかもしれないが、
一国の宰相が「マガジンは読んだけど、ジャンプとモーニングにはまだ届かない…」
と、週間のマンガをどこまで読んだの読まないだの言ってる場合じゃないでしょう。

当然それ以外の内容で演説もしているはずなのだが、個人的に期待しているのは
政策ですよ、政策。
恐らく土地柄を考えての演説のイントロなんでしょうけど、人前で堂々とマンガの話とは
余りにも情け無い。映像の切り方にも問題があるだろうけど、その後に流れたのが
『ゴルゴ13』等のやはりマンガに関するフォーラムに出席した姿だった。

昼間はマンガに関する事ばかりで、夜はバーで酒を飲む。
そんなイメージ戦略でもあるまいし、そうする事で一体誰の心を掴もうというのか。

あ、そうか!麻生降ろし、または自民党のイメージダウンを狙うテレビ局の策謀か?
そう言えば、嘗てアメリカのCIAが若者の共産主義への傾倒を防ぐ為に、国家予算を
使ってロック等の若者文化を世界に広め、『資本主義って自由で素晴らしいだろう?』と
思わせていたとかいなかったとか…。

麻生首相のキャラも、マンガが好きなのは本人も言っている通りなのだろうが、その
イメージをどう膨らませているかってのはさ、メディアに因るところが大きいんじゃないかな。
そうした媒体を巧く使えるか使えないかも、首相の力の内って事だと思うよ。

そういう意味では、個人的には現在のメディアによる取り上げられ方は好印象とは
言えないよね。大体趣味の延長線みたいな形で、街頭の第一声はアキバで…
なんて、そりゃ違うでしょ。アキバに行きたかったり、アキバ系の票が欲しいのなら、
朝の散歩と同様、個人的な時間に行きなさいよ。

いいかげん『アキバ系』から脱したら如何でしょうか。



2008年10月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | フト思う
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。