スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

求人案内

食事のカロリー計算をして下さる方募集致します

だってさ、メタボ検診は義務化されるし、
コンビニのお弁当や外食産業のメニューにもカロリーが表示されているじゃない。
これが曲者で、お昼の弁当を買う時には近頃この表示を見る事が
いくらの商品なのかよりも先に目が行ってしまう。

800キロカロリー以上のものには足踏みし、500キロカロリーくらいなら
「おぉ、これならいいんじゃない?」と買い物カゴに入れる。
でもちょっと腹に溜まらないような気がして、カップ麺か調理パンも買ってしまったりする。

結局800キロカロリーくらいの昼食になるのだが、単純な私は一日三食
800×3=2400で、成人男性の一日の消費カロリーとだいたいトントンだと思い込む。
トントンなら太らないはずなのに、どうも近頃トントンならぬ、トンと言えば豚だが、
トン化しているような気がしてならない。

一体何がいけないのかと言うと、とても簡単な理由である。
昼のカロリーは把握できていても、それ以外の朝食と晩御飯のカロリーが
さっぱり判らない。

そりゃそうなのだ。私は栄養士ではない。
だから朝食の大き目の茶碗にもられた御飯を食べながら、おかずがたいして無いから
二杯くらい食べてもカロリーなんてタカが知れていると思い込んでいるし、
晩御飯ともなると、見当すら付かない。何がどうで一体どうなっているの?な状態だ。

更に追い打ちをかけるのが、我が妻。
私がおかわりするのを躊躇していると、温かい心で
「食べたいんでしょ?食べればいいじゃない」と私の弱い気持ちを無残にも打ち砕く。

こうした状況を突破する為には、家で食べる食事のカロリーを明確にし、
自分でコントロールするしかない!
という事で誰かカロリーを計算してくれないものだろうか。

尤も、一番手っ取り早いのは、カロリー計算ではなく、よく噛んで、腹八分目という
食事の習慣にする事なのだろうがね。

2008年09月28日 | Comments(2) | Trackback(0) | 食べ物
コメント
パランス食
「食べたいんでしょ?食べればいいじゃない」
motaさんの奥さまステキです。

そうですよ、食べたい時は食べる、でもコテコテなものを食べたら、次のお食事はさっぱり系にする!っていうのどうでしょう。
今夜の我が家の夕食は和食でした。
ご飯・お味噌汁・餃子・ひじきの煮物・肉じゃが。
いつもひじきなんて食べない夫(外人)が、私以上に食べていたので、どうしたものかと聞いてみたら、今夜のメニューは炭水化物が多いから、海草を多目に食べてみた!ですって。
彼はパン食が基本の人で、夕食時には食パンで言うと6枚切りを4枚は食べるんです。(今夜はパン食べてませんよ)

話が横道にそれてしまいました。
カロリー把握は大切ですが、カロリー本を持って食べてもおいしくないですし、野菜多目のバランスのいい食事がとれればいいような・・・。
あと、うちはお酢をよく使うようにしてます。
ycechevarri URL 2008年09月29日 20:51:55 編集
ycechevarriさん
妻が私の食欲を止めないのは、私の方が太っていたほうが安心する、
つまり自分の体型が負い目に感じないという安心理論にも因るところが大きいと思いますv-410
そう言えば、細身は余り好みではないとか何とか…、私は普通になりたいだけでして…。
別にのろけている訳ではありませんよ!

えーっと、私の場合は、もう単純に炭水化物の摂り過ぎだと思います。
おかずが質素でも、お腹一杯食べてしまうクセが有りまして、
ややもすると、おかずが少ない分を御飯でカバーしてしまうんです。
まったくこうして書くと、自分で分かっているのだから、何とかすればいいんですよね。
野菜って近頃大切だなぁ、と思って、よく一日の摂取量をドリンクで飲めるような
野菜ジュースを飲むようにはしていますが、本当は野菜そのもので摂るのがいいとは思うのですがなかなか…。

ycechevarriさんの御宅のように、食事がバラエティーに富んでいると
自然とバランスの取れた食生活が送れて健康的だと思います。
拝見していると、日々のメニュー作りも大変なんだろうなぁと思うと同時にご主人が羨ましいです。
motasuke URL 2008年09月29日 21:31:19 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。