スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

水絡み


これは先月アップしようとしてファイルのアップロードだけをして、そのままになっていた画像。
カワセミが水から飛び出した直後の写真ですが、顔が良く見えないのが残念賞。

目下のところの目標は、こうした水から飛び出す瞬間の『水絡み』とも呼ばれているものを
上手く捉えたいのだ。だが、なにぶんアッと言う間の出来事なので、その殆どがピントが
合う前に飛び去ってしまうのよね。



さて、話は変わるが、昨日は所轄の税務署へ行ってきた。
別に悪い事をしたとか、税金を滞納しているとかではないのだが、まぁ提出物があって、
普段乗りなれない電車で出かけ、駅から税務署までの「徒歩10分」と書かれていた距離を
歩いた。

そうしたらまぁ汗が出てくる出てくる。ポロシャツの肩の所や背中に汗の跡がでるくらいだった
のだが、フトすれ違う人々の様子を見ると、そんなに汗をかいている人など居なくて、自分だけ
がドラマに出てくる様な『汗っかきの太っちょ』という設定を演じているんじゃないかと思った。

確かに書類のギッシリ詰まった鞄を持ちながらの早歩きを炎天下したのだから、のんびりな
買い物客やデートの若者とでは運動量(?)も違うのだが、汗が噴出しているのがこの世で
自分だけのような気がするくらい居心地が悪かったぜよ。

なんですか、今時の人は汗をかかないのでしょうか?それとも皆駅ビルのデパートで充分
涼んだ人ばかりが駅前に丁度出てきたところへ私が遭遇でもしたのでしょうか?

んー老廃物を体外に出す新陳代謝や体温を下げる為の発汗は健康上必要だと思うから、
汗をまるっきりかかない様な現代人は、どこか不健康に思えるのだが、これって間違って
るかな。

普段営業の車でエアコンを入れている私が偉そうな事は言えないが、冷房設備の整った
場所にばかり居るから、発汗できないような体になってしまっているんじゃないだろうか。

税務署で鏡に映った自分の背中を見て、思わず帰りにはタクシーで帰ろうかとも思ったけど、
その為に大枚はたくのも勿体無いと思ったので、クーラーの良く効いた税務署で汗を引かせ
てから帰路に着いた昨日の私でした。


あーしまった。またつまらない、どうでもいい事を書いてしまった…。

汗も水分だから、とりあえず水絡みってか。

2008年08月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。