スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

サミットに思う

「キャビアやウニを食べながら、指導者は食料危機を考える」。
このように洞爺湖サミットでの歓迎夕食会での模様を痛烈に批判した。
と報じられた英国報道である。

ウニは北海道で獲れるだろうとは容易に想像が出来たが、キャビア?と思い
調べてみたら、数年前から道産のキャビアって結構流通していたみたいね。

さて話を戻すが、確かにアフリカや世界中で起きている食糧危機問題も
大きな議題として取り上げられているサミットだが、豪華夕食会の開催では
こうした批判も至極尤もな話である。

庶民の生活の苦しさなど、日本の政治家だけでなく、先進国と言われている
国々のトップ達でも理解できないというのは、悲しいくらい現実でしょう。
高価な食事代をそのまま飢えに苦しく人々のものに交換したならば、何人分の
食料になりますでしょうか。

確かに、開催国である日本での食事には、日本の食材を海外に輸出する為の
デモンストレーションとしてアピールする意味が含まれる。如何に食料自給率
が低いとはいえ、輸出しようとする商品が存在するからだ。

物事には、こちらの面とあちらの面てな具合に、相反する理屈が存在する。

では、食糧危機を考える為に、各国首脳に貧相な食事をだす国があるだろうか
と考えれば、恐らく皆無であろう。
確かに英国報道が伝えるように、そんな事では会議が偽善的だ、と言われても
仕方が無い。いや、その通りである。

更には、今回のこうした報道を知る前に、私が思ったのは、
各国から取材に来ている報道陣達に振舞われる食事が無料なのは何故?
である。やはり食事に関する事なのだが、はい、確かに日本の食材をアピール
したいという趣旨は分かりますよ。

だからと言って、何も無料にしなくてもいいんじゃない?彼らは仕事で取材に
来ているのであって、一般の会社員が出張での食事代が訪れた国費、つまり
税金から御馳走になるなんて有り得ないでしょう!

安く提供し、その料金は食料基金として国連に進呈するというような遣り方の
方が良いのにな。

取材を受けた外国報道人が「こんなに美味しいものを提供してくれる日本は
なんて親切な国なんだろう」という様な、本当に単に喜んでいるのか、それ
ともある種の皮肉を込めたのかは定かではないけれど、そんな風に言っていた。

サミット開催にかかる費用全体からすれば、微々たるものなのかも知れないが
そういう処がやっぱり普通の人の痛みというのが分からないんだろうね。

2008年07月09日 | Comments(4) | Trackback(1) | フト思う
コメント
仰るとおりです!
餓えることが無い人たちが自分の国の利益を考える、至極当たり前の事。
新興国が先進国が先に示せというのも当たり前の事。
でもだからこそ考えてほしいと思います。
先進国といわれた国が何をしてきたかを。
(でも中国には言われたくありませんが。)

だから一緒になってより以上に頑張って努力するといってほしいと思うのは
私の勝手な言い分なのでしょう。
諸外国とはいいませんが、餓えて泣いている子供達の顔をサミット会場に
沢山貼ってあったら喉を通ったでしょうか?

食糧危機の事をもっと違う方面から見詰めなおしてほしいと
思います。食べ物は食べ物として扱ってほしいと思います。
orenge URL 2008年07月09日 14:58:31 編集
orengeさん
参加国が8カ国から拡大され、過去最高の22カ国の首脳が集まりました。
当然、それらの主張や立場の違いから、遣り取りが複雑になってしまいます。

二人のケンカを誰かが仲裁に入るというような単純な構造にはならず、
逆に特定の問題は○○国にとって触れられたくない話題だから
議題に上げるのを、暗黙の了解でもって取りやめる事も出てくるでしょう。

本来、多くの国が参加すればするほど、話がまとまらないのが国際社会だと思います。

ですから、曖昧な表現とはいえ、気候変動に関する一定の合意がなされた事は
評価しても良いと思います。

勿論全体としてみれば、もっと踏み込んでもらいたかったのですが、
映画ではありませんが、地球外生命体が地球侵略にでも来ない限り
世界がひとつになる事はないのではないかと思っています。

話がダイブそれてしまいましたが、食糧問題は、命に関わることです。
他の事で日程がおしてしまったのなら、各国のトップなのですから、
「日程を後○○日延長して、それらの議題を話し合おうじゃないか」ぐらいの
事して欲しいものです。絶対出来ないでしょうけどね。
motasuke URL 2008年07月10日 19:34:45 編集
ほんと?
ジャーナリストの夕食が、ウニにキャビアで無料?ちぇっ。どうしてそういう仕事が来ないのかなあ~。

今回のサミットって、話するだけで何も実がないサミットじゃなかったですか?イギリスの首相なんか、イギリス人は家庭でもっと計画的に食べ物を買えなんて、ちんぷんかんぷんなことを言って顰蹙かっておりました。

政治家が一般市民からあまりにもかけ離れ過ぎ!政府を頼らず自分でなんとかしなきゃと思うこのごろ。
LADY E URL 2008年07月13日 04:53:24 編集
LADY Eさん
ブブー(不正解の音)。
ウニやキャビアで…は首脳達ですよ。
でも、報道人に昼食などが無料提供されたのも事実です。

悲しいかな、誰しもが自分の生活での金銭感覚から抜けられず、
質素にという生活もそれぞれマチマチなのが本当なんじゃない?

結局は去り行くアメリカとこれからの新興国との差はとてつもなく広いという事と
国際社会全体が同じ価値観で行動する事の難しさってやつを突きつけられた感じ。

私の住む田舎街では、どうするんだぁ~というくらい景気が冷え込んでるよ。
政治家はもう代議士とは呼べない、どこかパラレルワールドにでも住んでいるようです。
motasuke URL 2008年07月13日 19:17:36 編集

管理者だけに表示する
トラックバック
サミットはやはり中途半端な議論に終始したようで。 議論も期待外れでしたが、サミットによる経済効果も期待外れなようで。 便乗商売、便乗イベント、どれも空振りの様相。当たり前です。これは会議ですから。 つかの間の北海道ステイを楽しもうなんて暢気なヤツはいない...
禅楽師匠の課外授業 2008年07月09日 20:02:32

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。