スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

そろそろ年頃

こんばんは、motaです。
我が家の子供達も中学生2人と小学生高学年となり、少しずつ見るテレビ番組が
変わってきた。

この前までアンパンマンだったのに…とは言いすぎだが、今でも見ているのが動物もの。
動物○○などと、動物と番組名になるものは結構見ている。そしてその動物物も近頃では
愛玩動物、所謂ペットになるような動物に興味が湧いてきている模様。

しかし、そうした動物関連とは別に、近頃目に付くようになったのが、お笑いである。

これには少々戸惑っている。
何を隠そう(こういう表現ながら、隠してなどいないのが不思議だが)、私も妻もどうも
近頃のお笑い芸人が好きになれない。

決して笑うという行動が好きになれないという事ではないので、予め言っておくが、
今流行のお笑い芸人さん達の芸が好きになれないのだ。人を馬鹿にしたり、蔑んで笑いを
とるようなものが芸と呼べるのか。と言うとなんだか難しいが、要するに肌に合わないのだ。

そんな訳で私達親がそうした番組から遠ざかっていたので、自然と子供達もそうした
お笑い番組は同世代の子供にしては見てこなかったと思う。

だが、ここへ来て、私が自分の寝室から今に降りていくと、時折子供達だけでそうした
お笑い芸人の出ている番組を見ていることがある。
最初の頃こそ、「そんなの見るもんじゃない」と言っていたのだが、世間で流行っているのに
それを見ないでいるのも、学校で話題についていけずに仲間はずれになってしまうのかな?
などとつい考えてしまう。

昔からテレビの話題が学校でなされるのは当たり前だった。私の頃で言えば、
『巨人の星』や『金八先生』であり『夕陽丘の総理大臣』であった。
そうした番組の翌日には必ずと言っていいほど、学校であれやこれやと話に華がさいた。

そんな話題が今やお笑いのネタだとするならば、見せないのも酷である。

でもどうなんでしょうね。世界で活躍する芸人の『いっこく堂』さんも、以前何気なく
やっていた頭をポカンと叩いて笑いをとる事を止めたそうです。腹話術という芸風から
子供に与える影響が大きいと感じたからだそうです。

果たしてそこまで子供への影響を考えてネタを考えている若手お笑い芸人さんが一体
何人いるでしょうか。

お笑いに興味の湧く年頃になった子供を持つ親としては、とても頭の痛い話なのだ。

2008年06月14日 | Comments(4) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント
判りますねー。
私も今のお笑いは好きではありません。
私が子供の頃も同じでしたね。

仕事をしていた時にもドラマを見ない人間なので話が出来ないこともありました。
韓国ドラマの事で仲間はずれになったこともあります。
人は好みもありますし、皆がそれを求めている時でも全てが同じは無いだろうと思っていましたし、覚めた目で見ていたことも事実です。私は大人ですから・・・。

子供の世界はまた別のものです。

でも人を傷つけるようなお笑いはいけません。
見ていると何でもOKのような状況で子供が判断できるかどうかなんですよね。

最近の風潮は痛みを知らなくて傷つけることもはばからないものが多いようです。
自分が痛みをを感じることがなければ人が感じる心の叫びは判らないと思います。

難しい問題ですね。
見るなとは言えませんもの。
でもイチ君(?)がいるからきっとお子さん達はわかっているとおもいますよ。
同じところでご覧になっていたらこうだからどう思うだろう?と
一言添えられては如何でしょうか?

少しは気が楽になるのでは?
orenge URL 2008年06月15日 22:45:41 編集
orengeさん
おぉ、成る程!
一緒に見て、そこで話をするって良い考えですね。
後は同じ時間にテレビを見られるかどうかにかかっている訳で…
んん?と改めて思い返してみると、そんなに頻繁にそうした変な番組を見ているのでもないなぁ。
全く見ないのも、学校での話題についていけないことを考えると、
案外的を得た見方をしているのかもしれません。

それともまだまだ私が知らないだけで、夕方とかにもそうした手合いの番組を
見ているかも。
もう少し様子を見てみることにしましょう。

先日、カワセミを撮りに行った現地で、同じ様に今のお笑い番組に対して
厳しい意見を持った方と話したのですが、二人で出した結論は
テレビという悪害を日本に浸透させたのは、アメリカの陰謀だ!です。
ちょっと面白い考えだと思いませんか?
motasuke URL 2008年06月16日 22:42:35 編集
実は私も
一発芸的な下らないギャグはさほど問題ではないと思うのですが、バラエティの若手芸人を徹底的にイジメル(?)系の物は好きでは無かったです。
子育ての頃は「とんねるず」や「ダウンタウン」の冠番組ですね‥「お母さんはこういう、人をいじめる番組は嫌い」と言って、自分のいる時間帯には見せませんでした。子供が中学生までは、大人に番組権がありましたので‥私個人は「とんねるず」も「ダウンタウン」も割りと好きですが‥子供が居なかったら見ていたと思います。
絶対見せないのでは無く、何故嫌いかを伝えてあげれば良いと思いますよ。「下らない」では反感を買いますので、「こういう所が嫌」で見せたくない‥と、具体的に言ってあげれば、深い所で残りますから。
マダム半世紀 URL 2008年06月17日 00:28:46 編集
マダム半世紀さん
肉体的なイジメは勿論論外ですが、クイズ番組と称して、馬鹿さ加減で笑いを取る風潮が有りますよね。番組構成上の問題なので、製作サイドに問題があると思うのですが、小学生並だのナンだのと言いながら相手を蔑む傾向が気に入らないです。
本当に常識的な問題を知らないのも、どうかと思いますが、ある種強要された馬鹿さかげんではないかと。そしてそれを周りの人が、よってたかって笑いものにするなんて、それは笑いの文化ではありません。

個人的には一発芸も好きになれませんが、果たして子供に納得させられる理由が言えるかどうか少し自信がないなぁ。
「こんな下らない話のどこが面白いんだ」では、やっぱり駄目でしょうね。あぁ、つくづく頭の古いオヤジだと自覚しました。
motasuke URL 2008年06月18日 21:08:09 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。