スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

今頃ですが、競泳水着について

明日が日本水泳連盟の北京オリンピックにおける使用水着に関する最終結論を出す日の
ようですが、もう内容は決まったも同然でしょう。

ズバリ、今回はスピード社の『レーザー・レーサー』の使用を認める事になるでしょうね。

今回の騒動の中で、「同じ条件で…」という意味合いの言葉を何度か聞いたのだが、
これまでも使用するウェアやシューズといった物でそういう表現がされてきたとは思えない。
陸上短距離選手が履くシューズは各メーカーが特定の選手に特定な物を用意してきたし、
そうする事は当たり前であった筈だ。

そしてその用品を使用した選手が金メダルを獲ったとなれば、一気にそのメーカーの売上は
増える事となり、それがメーカーの商品開発へのモチベーションにもなってきた。

道具や用品の技術革新が記録更新の立役者になっている事もザラだ。

昨日行われた自動車レースの最高峰と言われているF1も毎年、各コースでラップタイムが
縮まっているが、それはドライバーの腕が格段に向上しているものではなく、マシンや
タイヤの性能が上がっているからなのだ。
ゴルフの飛距離が伸びているのもクラブのお陰、テニスのショットの威力が上がっているのも
ラケットの技術革新の賜物である。

これまでは使用する道具の性能差があるのが当たり前であったのに、今回の水着に関しては
『同じ条件で…』という言葉が用いられると、じゃぁ今までは何だったんだ?と首を傾げたくも
なる。

ただ、オリンピック競技が他のスポーツと違うのは、オリンポスの時代から続いてきている、
基本は人間の肉体ポテンシャルのみで競うという点にあるのではないだろうか。
この点に重点をおけば、用具や道具での差があってはならないという考えに至るのは
自然な事なのだ。

公平な条件でと言うならば、道具やウェアは全く同一のものを使うべきであるし、陸上の
トラックはインコース・アウトコースも無くすべきで、そもそも風の影響を受けなくする為に室内
競技としなければならなくなる…と際限も無く条件が膨大になってくる。

だが、スポーツ競技は、実験室で行われるデータ採取とは違うのだから、同一条件を作り
出す事で頭が一杯になってしまっても、面白味が欠けてしまうような気配大である。

『泳ぐのは、俺だ』とプリントされたTシャツを北島選手が着ていたらしいが、オリンピックを
間近に控え、困惑している様子が何とも痛々しい限りだ。

これまでも道具の違いで苦渋を味わってきた選手達の事を思うと、私自身身勝手な考えだと
は思うのだが、今回は、水泳連盟に寛大な措置をとってもらいたいと願うばかりである。

日本水泳界のオリンピックでの活躍を期待して。


2008年06月10日 | Comments(2) | Trackback(0) | フト思う
コメント
競う
なんだかここ何年か、競うという意味の取り違えが多い世の中になってきた気がします。
これだけ時代が発達すると、人の考えも変わるのは当然ですが、時にはアダムとイブの時代に戻る・・・ いやそこまで戻らなくても、初心に戻らないと、社会の交通整理はもっと難しくなりそうです。

オリンピックこそ、主催者が参加者に同じ道具・用具を提供してやってもらいたいですね。
ycechevarri URL 2008年06月10日 22:08:18 編集
ycechevarriさん
昨日正式に水連が使用水着をオープンにすると発表しましたね。

ホント、道具類は同じもので、あとは能力勝負であるべきです。

しかし、金メダリストの柴田選手は「私は長距離なので、締め付けがきついのには抵抗があるから、スピード社は使いません」と以前言っていましたが、水連の決定を受けても同じ気持ちなのでしょうか?

更には、加圧トレーニングというものがあって、体への疲労は短時間の運動でもかなりなものになるという理屈からすると、体への締め付けが厳しい『レーザー・レーサー』は同じ様に体に負担にならないのか心配です。
オリンピックの過密スケジュールで連戦となると、数種目にエントリーする選手の疲労が蓄積され、マイナス効果にならない事を願います。

一発勝負用としての使用にするとか、これからのデータ取りも必要だと思います。

と、こんな事を考えてしまうのも、同じ用品を使わないから起きてしまう問題ですよね。いつからサプライヤーが増えたのでしょう。原点回帰し、純粋な競争にする時期が来たのかもしれません。
motasuke URL 2008年06月11日 09:30:22 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。