スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

見るのを止めた

皆様こんばんは、motasukeです。
見るのを止めたのはNHKの朝の連続ドラマ『瞳』です。
決してカワセミに会うのを諦めたわけではありませんがな(笑)。

朝の連ドラを毎回見るようになった頃には、自分も歳をとったなぁと感じていたのだが
何ていうのかな、安心して見ていられる番組にホッとしていたんじゃないかな。
おぉ、これこそがNHKのNHKたる所以かなどと感心していたものだ。

前回の『ちりとてちん』にしても、視聴率は歴代の連ドラの中でも余り褒められたものでは
なかったようなのだが、個人的には非常に興味深かった。和久井映見さんの演じる
主人公の母親が何ともいえない人間味溢れる人だったのが大きかった。

そうなんですよ、連ドラには視聴者の安心感と、人の心の繋がりがスッと見ている側に
入ってくる共感をおぼえるんです。

ところが、残念ながら今回の『瞳』の場合、どうもこの、スッと入ってくるものが無いんです。
主人公の好きなヒップホップというのが私個人的に好きじゃないというのもありましたが、
それは趣味の問題だからと諦めていました。そのシーンは諦めながら番組を見続けましたが、
どうにも納得いかない事があります。

それは非常に古臭い考えのオヤジ的発想なのですが、主人公の話し言葉が美しくない!
もしかすると今時の女の子はあんな風に話すのかも知れませんが、そうじゃないだろうと
いう思いが頭から離れないんです。

美しくないというのは、控え目な表現でして、美しくない言葉でもまぁ良いのですが、彼女の
それは、ガサツに感じてしまうのです。これが何故いけないのかと言うと、先程上げた
連ドラを見ている時の安心感が感じられないからです。

ドラマの時代設定がいつのものであろうとも、主人公には清らかな人間性を常に持っていて
もらいたいというのが、私個人の考えです。ですから、「うっせんだよ(煩いの意味)」とか、
凡そ自分の子供には使って欲しくない言葉遣いを聞くのが忍びないです。

えぇ、どうせ私は親の世代以上に古風な考えをある部分持ったオジサンですが、何も朝から
気分を悪くするような番組を見なくてもいいんじゃないかと思い、今回見るのを止めました。

これから主人公も成長し、何かしら変わってゆくであろうとは想像できますが、
残念ながらそれまで待てそうにもありません。

もし仮に主人公の成長振りを表現したいが為の現在の役設定であるとするならば、言葉遣い
とかではない、別の表現方法をとっていただきたかったですね。

ま、私一人が見ようと見まいと、特に何の問題もないでしょうから、今回の視聴は遠慮させて
頂きます。次回作に期待致します。


2008年05月08日 | Comments(2) | Trackback(0) | ちょっと疑問
コメント
こちらでも一部のNHKの番組が見れるんですよ~。
今回の「瞳」、私もNHKのターゲット層から外れてしまったらしく、いまいちです。
現代のいろいろな問題を訴えたいのかもしれませんが、どうも私にはしっくりこないです。 
すこし、設定に無理があるのかも知れませんね。。。

ところで、最近カワセミさんとは出会えているのでしょうか???
カワセミファンとしては、とても気になるところです。v-410
少し前に、出産かも? 餌場を変えたかも? などと言い残したまま。。。 
motesukeさん、その後は~??? v-406
カワセミ妊婦の写真やベイビーの写真が見れるかも~?
なんて、期待してしまったではありませんか。(笑)
でも、野鳥の写真を撮るのって、きっと大変なのでしょうね。。。
うさのすけは辛抱強く待ってますよ~。
うさのすけ URL 2008年05月10日 13:19:25 編集
うさのすけさん
お察しの通り、このところ全くカメラに収められません!
本当に目と鼻の先にいる事は判っているのに、そこは禁断のエリア(早朝は立ち入り禁止)
このままその場所を餌場にしたとなると、例え家族で魚を獲りに来たとしても
その姿を見られないのです。
あぁ、何という歯痒さ。鳴き声と飛んでゆく姿しか見られないなんて。

ここはひとつ、神仏にお願いするしかないかも。
motasuke URL 2008年05月11日 22:58:56 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。