スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

カワセミのダイブ



同じ場所で悪戦苦闘すること数ヶ月。
トリミングはしてますが、漸くこれまでよりは一歩前進したような
カワセミの写真が撮れました。

一番の要因は天気でしょうか。光の不足する早朝や日陰ではこうは行きません。
やはりシャッタースピードが早くならないとどうしてもブレが大きくなってしまいます。
この写真でもまだピントはズレていますが、被写体ブレはこれまでよりは随分少なく
なった為か動きのあるカワセミも少し見られるようになってきました。

シャッタースピードの目安は判ってきました。
しかし、置きピン(予め飛び込みそうなところにピントを合わせておくことね)では
やはりピントがバッチリ合うなんて出来そうも無いしなぁ…。

修行はまだまだ続くのである。


2008年04月02日 | Comments(2) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント
すごい!
素晴らしいじゃ有りませんか?
こんな時は明るいレンズが欲しいですね
そんなお金ないしなぁ
宝石を射止めた感じですね
うらやましい!!

マックが有るからいいや!
こてやま君 URL 2008年04月03日 20:57:32 編集
こてやま君
ホント、明るいレンズって心臓発作が起きるんじゃないかと心配なくらい高価です。
でも小さい鳥なんかを撮っていると、やれゴーヨン(500ミリのF4)だロクヨン(600ミリのF4)だのって
そりゃプロの使うものじゃないかっていう領域になってきますね。

綺麗な鳥を撮らなくても、こてやま君にはメチャ綺麗に映るマックがあるからいいじゃないですか。ウチのパソコンも古くなったら…。いや、その前にやっぱりレンズを買ってしまいそうです。
motasuke URL 2008年04月04日 19:43:27 編集

管理者だけに表示する
«« 桜 その2 | HOME | 2008 桜 »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。