スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

戦争の傷

NHKのプレミアム10『80歳の決着-元兵士たちの日米野球』を見ました。

太平洋戦争で敵同士として戦い、互いに戦友達を相手に殺された事実と
戦後60年以上も苦悩し続けた人達が、野球の親善試合開催を通じて
漸く相手を許し、自分に対しても区切りを付ける事のできたドキュメント。

戦争敵国に対する感情をどうしても拭いきれなかった元兵士の
心の葛藤たるや、画面を通じて伝わってきた以上のものがあったことでしょう。

3日間の日程の中で、徐々に心が通じ合うようになり、同じ人間同士として
相手を理解するに至ったことはとても素晴らしく、私も感動しました。

会うまではどう相手に接して良いのか判らなかった人達が、過去に起きた事を
忘れる事はできないが、相手を許す事ができたのです。

戦争を体験していない人が殆どという時代になった今、今回のような番組に
学ぶ事はとても多いと思います。
それは、今や日米関係は概ね良好ですが、嘗て戦争を起こしたアジア諸国とは
わだかまりがまだ残っています。同じ人として、一日も早く理解し合い、相手を
許す日が来ることを願っています。

そして、戦争は絶対に起こしてはいけないのだと強く感じました。


2008年02月22日 | Comments(2) | Trackback(0) | フト思う
コメント
私もそう思います‥
私の世代は、戦争の反省の中で教育を受けましたが、今はどうなんでしょう?少しキナ臭い匂いがするような‥
難し過ぎる問題ですね‥
マダム半世紀 URL 2008年02月23日 19:46:27 編集
マダム半世紀さん
戦争当時の話をする時の、おじいさん達が浮かべる苦悩の顔には、想像もつかないほどの重い何かがあるように感じました。
戦後何十年にも渡り、心に重しをつけてしまうようなものにどうして突入して行ってしまうのでしょう。前線で戦う兵士は家族や国を守ろうと、互いに思っているだけなのですが…。
motasuke URL 2008年02月24日 00:31:09 編集

管理者だけに表示する
«« おやすみなさい | HOME | 後ピン »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。