スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

学習能力ねぇ

OECD(経済協力開発機構)が昨年実施した学習到達度調査で日本は科学
的応用力が二位から六位、読解力が十四位から十五位、数学的応用力が
六位から十位へとそれぞれ落ち込んだ事が判った。

最近良く耳にする、学習能力の低下とまた報道されている。いや、今回
の場合は報道というより、調査結果として率直に認めるべきなのだろう。

十年以上も論議を重ねた結果、ゆとり教育へと移行された経緯があるの
だが、これが学力低下を招いたとはよく言われている。

確かに昔は受験戦争なんていう言葉を私達が学生の頃にはよく耳にした
ものだが、それは自分達が渦中にあったからで、それでは今が受験戦争
とは無縁なのかと聞かれれば否定できるような状況じゃないわな。

受験勉強が無くなったわけでもなく、かといってその後導入された総合
学習で人間形成に功を奏し、道徳観や人間性が向上したとも思えない。
悲しい事件が多い近頃では誰もが感じる事ではないだろうか。
では、教育が間違っているのかと聞かれれば、そうではないと思う。
間違っているのは、教育の方向性ではなく、社会の方向性が間違って
いるんじゃないかと思うのだが、どうでしょうね。

ところで、今回の調査結果も含め、このところ言われているのが、理科
系離れだが我が家ではこれを逆手に取ろうという大胆不敵な構想が俄か
に持ち上がったのだ。



理科系離れが起きているということは、競争も余り激しくないという事
ではないか。これなら楽に(?)高得点をゲットして、頭一つ出てしまおう
という誠にけしからん戦略である。

家の長女も今年中学二年生。来年は高校受験となるのだが彼女の場合は
理数系とは言えそうに無いから、下二人にその道は進ませようかな。

こうして考えてみると、調査結果として学力低下だなんて言われると
癪に障るのだが、自分の子供達を振り返ってみれば青春は部活だから
一生懸命やれと応援したり、勉強が出来たところで実社会でどう役に立
つのかを具体的にイメージできないでいる親の責任もかなり大きいね。

本当は勉強する事を通して、学ぶ事の愉しさや学習する過程で身に付け
る様々な能力・経験が人間を成長させられればいいんだろうけど、
これが中々難しい。
わかっちゃいるけど、わからないのが、学力と人間性の向上という一見
別物に見えるけれど、双方を同時に高めていくやり方なんだと思う。
どちらかの一方じゃいけないんだろうけど、もしかすると両方駄目に
なりつつあるのが今の日本?さぁて、困ったもんだ。


コメント
やっとここまで拝見しました
昔読んだ文ですが‥子供が小さい頃公園に連れて行った場合、「ほら、お花が咲いてるよ」の後に「綺麗ねー」と言うと文科系、「赤いお花はいくつかな?白いお花はいくつかな?」と言うと理数系のお子が育つとか‥なんとなく納得はしますが、27年前に知っていたら、全部言ってみたのに~残念。そしたら主要科目制覇だったかしら?
マダム半世紀 URL 2008年02月15日 02:03:04 編集
マダム半世紀さん
しょうもない過去記事まで読んで頂いているなんて、光栄です。
でもあまり遅くまで読んでいると、翌日眠くなってしまいますよ。
のんび~り読んで下さい。

全部言ったら、お子さんが混乱してしまったのではないでしょうか(笑)。
いや、でも子供の無限大の可能性は、大人の想像を遥かに超えていて、
本当に何でも吸収してしまうかも。

それでは次の世代、お孫さんの世代に言ってみては如何でしょうv-410
motasuke URL 2008年02月15日 22:33:36 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。