スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

フィルターを掛けましょう

新聞にいじめに関する調査結果が掲載されていたのだが、それに拠れば
ネットを通じたいじめが約4900件あったそうだ。
その内容は、学校の裏掲示板等に嵌め込み画像を載せられたり、誹謗中傷を
書き込まれたりしたものだ。

何と卑劣な事だろう。これを防ぐ為にも、家庭でのパソコンや子供に持たせ
る携帯にはフィルターをかけるのが親の役目ではないだろうか。

ウチのパソコンにもフィルターがかけられている。確かに反応速度は落ちて
いる気がするが、子供を被害者にも加害者にもしない為の方法だと思えば
それも我慢ができるというものだ。

フィルタリング・ソフトを掛けようと思ったのは、長男が思春期になって、
それなりに異性に興味を持つようになってきた為だ。勿論、全てを押さえ込
むのでは逆効果であったり、成長を捻じ曲げてしまう可能性もあるので、
見られるサイトの判断は父親の役目でもあろう。

こうして当初考えていたフィルターの必要性は、異性の画像を対象とした
ものだったが、ネットを通じたいじめがこんなにも多いとは想像もしていな
かったというのが本音でもあり、今となっては全ての家庭でフィルターを掛
けてもらいたいと強く願います。

それをしなければ、子供のイジメに親が加担していると言っても過言では
ないと思います。今一度、子供のネット環境について考えては如何でしょう

2007年11月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。