スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

辞任撤回に思う

民主党小沢代表が辞任を発表してから数日経過。
その後辞任撤回。

最初から、辞任する意志があるのなら進退を執行部に委ねるな。
辞めようかな、どうしようかなって世間に公表してどうなる。

進退を委ねたのなら、慰留された時に心の整理がつかないという
言い訳をせずに、すぐに了承しなさい。

政治の流れが民主党に向いていたチャンスが一気にピンチになった感じ。
妙に与党側の発言が余裕を帯びてきたように思う。
心の中では「そうーれ言わんこっちゃない。寄せ集めじゃなぁ…」と
言っている様に見えるんだよな。

しかしまぁ、良いんだよ。
日本は厭になったらすぐ辞められる国なんだ。責任なんていうのは無いのだ。

そんな議員を選んだのは誰だ!なんていう批判もいらないよ。
国民も責任なんて持って選挙投票なんてしていないさ。



2007年11月07日 | Comments(2) | Trackback(0) | つれづれ
コメント
実は
小沢さんって野党のマスクかぶりながら、虎視眈々と自民返り咲きをねらっていたのかしら。
日本の政治の主義主張なんて、ほんとに腰ぬけだわね~。なさけないことだす。
LE URL 2007年11月09日 23:33:38 編集
LEさん
大連立なんて、民主党から反対される事など
容易に思いつくだろうにね。
思いつきで行動するのが、小沢さんの昔からのスタイルらしいけど
反対されなかったら政権内から自民党をぶっ壊す気だったのでしょうか。
そういう意味では、田中真紀子さんと似てますね。
彼女はブーブー文句を言いながら、結局のところ自民を拠り所にしてますもん。

会期延長でどんな展開になるのでしょうね。
motasuke URL 2007年11月11日 19:21:36 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。