スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Jerry Rice




NFL(アメリカンフットボール)の数々の記録を持つスーパースター
Jerry Rice(ジェリー・ライス)が5日に引退を発表しました。

サンフランシスコ49ersの80年代を黄金期にした立役者の一人。
WR(ワイドレシーバー)というパスを受ける人ね。一見華やかに見えるけど、
相手ディフェンスはボールをキャッチした瞬間からフルコンタクトしてくる、
フィジカル的には物凄くハードで、怖いポジションです。

チームは49ersからレイダースを経て、引退時はブロンコスでした。
あれだけハードな世界で40歳を超えて尚現役でいられ、出場する事がイコール
NFLレコードを塗り替えていく事。というとんでもないスーパーマンでした。
キャッチングの時のジャンプは本当に飛んでましたね。

私にとってアメフトの最初のスーパースターはテリー・ブラッドショウとリン・スワン。
次がモンタナとライス。
トロイ・エイクマンとエミット・スミス。

何だか随分昔の事だね。

ライスはレイダースに移る頃には既に超が着くほどのベテランになっていたけど、
フィールドでの存在感はまだまだいけたね。
後輩のスーパースターがヤンチャ坊主に見えたくらいだ。
TDパスを受ければそれが記録更新。
パスキャッチをすればそれがレシーブヤードの記録更新。

どんな競技にも神に近い存在のプレーヤーがいるけど、彼の場合は神そのものだ。
軽やかなステップ、華麗なキャッチ。群を抜くスピード。
言い出したらキリが無いし、感動のシーンは数え切れない。

多くのファンタスティックな感動をアリガトウ。
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。