スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

飲み物を巡る想い

カロリーオフやカロリーゼロというキャッチコピーの商品につい手が伸びて
しまうが、自動販売機で飲料水を買うときの一番の動機は、喉の渇きを癒す事
だと思う。
だから本来は並んでいるどの商品でも良いはずなのに、ついカロリーを抑えて
いる商品に目が行ってしまう。

だが、時々この流れに変化が起きるのだ。不健康な生活をしたという意識が
ある時に選ぶのは、『一日分の野菜』の栄養が摂れるという野菜ジュースに
なる。300mlに足りない小さなペットボトルで一日に必要な量が摂れるのだ
が、つい大きな1リットルぐらいのものを買っては一日で飲み干してしまう。

多分栄養分を体内で保存などできないだろうから、2日分の栄養も単なる水分
としてのみの補給となってしまっているんだろうな。

不健康な生活を送った罪悪感から少しでも逃れたいと思うのか、野菜ジュース
を飲んだ後はすこぶる健康生き生き体になった気がする、あるいはそう思い
こみたいのだ。

そう言えば、一ヶ月ぐらい前まではあれ程飲んでいたコーヒーを今は全く飲ま
なくなった。朝起きて一番にお湯を沸かし、お湯を注がれたコーヒー豆が膨ら
むのを楽しみにしていたのが嘘のようだ。その頃は一日に5杯も飲んでいたの
に、止めてしまえばそれはそれで全く苦にならない。このところの気温の高さ
もあるのだろうが、家ではもっぱら水を飲んでいる。

コーヒーを止めたきっかけは胃に不調を感じるようになった事だ。刺激を減ら
さねばどうにかなってしまいそうだと感じたからで、今ではそうした違和感も
殆ど顔を出さなくなった。

人は窮地に追い込まれないと、嗜好を変えるのはなかなか難しいものだ。よく
聞く話にタバコがあるが、幸い私はタバコはやらない。私の周りでもタバコを
吸う人は大勢いるがなかなか止められないようだ。百害あって一利無しと言わ
れ続けていても止められないし、禁煙にチャレンジしても挫折する人が圧倒的
に多い。

嗜好品というのは、健康・不健康で選ばれるものではないからこそ、その嗜好
を変えるのは容易ではないのだろう。
そう考えると、野菜ジュースを選んだり、カロリーを気にして飲料水を選ぶの
は至って健康的な思考であり、健康な嗜好である。

要は皆さん、健康には注意しましょう!オヤジギャグも出たところでお終い。

2007年07月08日 | Comments(2) | Trackback(0) | 食べ物
コメント
過ぎたるは及ばざるが如し!
あのね。飲みすぎ。太るよ。

アレの中には「果糖」といって砂糖とブドウ糖の中間くらいの分子量のいわば「糖分のモト」がイッパイ入ってます。口当たり甘いでしょ?
成分表見ると100gあたりのカロリーは結構多い。

1日300g1本で十分だと思いま~す。

…と、経験者は語る^^;
SIGMA URL 2007年07月10日 08:52:43 編集
SIGMAさんへ
太るか~、やっぱりジュースは糖分だらけって事でしょ。
ま、ジュースは本当にたま~にしか飲まないから影響もそれ程無いと思うけれど、最近は飲みに出かける事がまた増えてね、どうも食べ過ぎで太っている気がするのよ。

だからたまに飲むジュース類でカロリーゼロを謳っている商品を選んでも焼け石に水って感じ。
motasuke URL 2007年07月11日 09:37:02 編集

管理者だけに表示する
«« 音声案内 | HOME | 祝い事 »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。