スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ガーデニングの勉強しなきゃ



以前紹介した、母親から譲ってもらったバラが咲きました。
まさか今年花が咲くとは思ってもみなかったので驚いています。

が、こうなってくると欲が出てくるもので、最初は咲いたらいいなぁ~
ぐらいに考えていたのに、「綺麗に咲かせてみたい」と思いもし、
花弁の縁が変色しているのは何が原因なんだろう???と疑問もわき、

虫の勉強もするぞ~
と少しばかり気合を入れたところで、チャチャが入りました。
「虫の勉強なんて嫌だよ~」とは妻の弁。

当ったり前です。虫の勉強と言っても、「虫除け」の勉強に決まっているじゃ
ありませんか。そんな事は妻も判っている筈なのに…何で話の腰を折るんだい?
ああ、美しき夫婦愛…………………………
         ……………………z zz zzz

        ………!慣れない言葉に眠気が

rose2.jpg

よ~く見てみたら、次に咲きそうだと期待を寄せていた蕾が無くなっています!
これって虫に食べられてしまったのでしょうか?
虫って葉っぱだけじゃなくて、蕾まで食べてしまうの?そりゃタブーでしょ。
と思ったところで虫に人の常識なんて当て嵌まらないしね。

娘の明日の数学のテスト準備をみてあげるか、バラの手入れを調べるか、
それが今夜の課題なのだ。

rose.jpg

う~む、花弁の縁が少し変色しているから、アップで撮らない方がいいみたいね。
こういうものも、一つの勉強って事なんだろう。フム、フム。
失敗は成功の元だね!

いや、失敗したって判っているならリサイズして小さいのを載せりゃいいのは
わかっちゃいるが、面倒なので時間がないので勘弁してね~



2007年06月07日 | Comments(6) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント
薔薇の魅力
おっ、motasukeさんもだんだんと植物派になりつつありますね!薔薇の魅力に取り付かれ始めた?わたしこのあいだやっと欲しかったのの1つが買えたんだけれど、このところの雨のせいか、葉っぱに白カビがつき始めているので、とっても心配。なるべく化学製品を使わないように育てたいんだけれど、やっぱり薬まかないとだめかなぁ?もう一種類も最近オーダーしたのでそのうち届くのを楽しみにしています。早く咲かないかなぁ~。
Lady E URL 2007年06月08日 09:48:23 編集
バラですか。綺麗ですね!!
まだ、バラには手を出していません。結構虫がついて大変みたいですね。どんどん増やしていずれは外国のお城の庭のようにしてはいかがでしょうか?

さて、先日はお誘い断っちゃってごめんです。久しぶりに熱出ちゃって動けませんでした。もう、復活したので必ずまた誘ってください。
kankan URL 2007年06月08日 10:43:45 編集
Lady Eさんへ
まだまだ花の名前も知らないし、手入れの方法なんてウチは二人してトンチンカンだから、どうしてよいのやらオロオロするばかり。あの花がいい、とかこっちの花の雰囲気がいいとか、そんな事をあれこれ言っているだけなんだものね。
バラにしても、んーいいねぇ、なんてただその存在だけで満足している状態なんですよ。
バラを何種類もオーダーしたLady Eさんの方こそ、これから薔薇の道を歩むんですね?楽しみにしてますよ~、咲いたら写真をアップしてくださいね。
motasuke URL 2007年06月10日 22:44:57 編集
kankanさんへ
お城の庭みたいに…って、広さがまず無理じゃないですか!前の○○学園でも買収しないと広くならないもんね。ウチのも虫にやられているから、ちょっと気をつけようとは思ってるのよ~。

はい、必ずまたお誘いしますv-391
motasuke URL 2007年06月10日 22:48:50 編集
代々受け継いで欲しい
こんばんは!・・・ってもう朝ですね(苦笑)
今日は、書き上げたエントリが保存ボタンで消滅する憂き目にあい
書き直していたら、睡魔に勝ってしまいました。

薔薇、私の一番好きな花です。
薔薇というと、象鼻虫がつきやすいんでしたっけね?

私の友人で、男の子なんですが ガーデニングに凝っている30代前半がおりまして
話を聞いてみたら、お庭にやはり薔薇があるそうなんです。
その薔薇は、約35年前 彼のご両親が結婚をした時に
お父様がお母様への愛情表現と結婚の記念に植えたものとか。
その薔薇が、今でも毎年花を咲かせるのですが、ご両親が海外暮らしのため
息子である彼が、その薔薇を守るべくガーデニングにハマったそうで(笑)
彼が結婚した時に、奥さんになる人と自分の子どもにその薔薇を見せるのが夢だそうで。
すごく良い話だな~と思いました。

motaさんも、お子様たちがご結婚されるまで
(まだまだ先のお話ですが・・・)
この綺麗な薔薇を守って、受け継いでください。
子どもにとっては、何よりも嬉しいプレゼントだと思いますよ!
はー URL 2007年06月13日 04:12:02 編集
はーさんへ
代々って、はーさん、そりゃ話が性急し過ぎですよ~。
まだ一年目で最初の花が咲いたばかりで、2番花も咲いてくれるかどうか
判らない状況ですからねぇ。ハ、ハ、ハ。でも最初だからこそ目標をしっかり
立てる必要があると言うのか、今のうちからこれからの事も考えないと
いけないですもんね。今はとりあえず日当たりの良い場所に…という理由
からなんと苺達の真ん中に薔薇が植えてあるんですけど、後先考えなかった
もんだから、薔薇を増やそうにも苺を植え替えるのか、そもそも苺って
植え替える事が可能なのかすら判らずにいます。苺は毎年新しい苗がどん
どん外側に広がっていくそうなので、真ん中がポッカリ空いてしまうので
はないかと心配にもなり、それなら開いたスペースに薔薇を増やせば
いいのかなぁ…とまだまだやり方も方向性も見えない状態です。
どうしましょうかね?

それにしても、御友人の素敵な話を有難うございます。そこまでの思い入れ
があって愛情をもって育てていれば、さぞや綺麗な花を咲かせている事で
しょう。ガーデニングにも人生がありますね。
よくよく考えてみると、ウチに咲いている花はそれぞれが親から譲り受け
たものです。あれ~?という事はやっぱり毎年手入れをしっかりしないと
拙いですね。年をとって自然派になってきたので丁度良いかもしれません。
motasuke URL 2007年06月13日 21:36:02 編集

管理者だけに表示する
«« あの人嫌い | HOME | 遥か彼方 »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。