スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

食生活

日本人の食生活が変化しているらしい。
海外では日本食、それも魚の消費が増えているのに、日本では減少傾向。
昭和30年代以降に生まれた人は、従来みられたような子供の頃の肉好きから
年配になるにつれてさっぱりした食生活に変化する、というこれまでの
食に関する変化が起きないらしい。つまり、年をとっても脂っこい物を
好んで食べているって事だ。

回転寿司ブームで魚の消費量は増えているのかと思いきや、逆に減って
いたとは驚き。家庭での食卓に魚料理が出される機会が減ったのね。

全体的に減っているとは言え、鮭の消費量は増えているらしい。
減っているのは、アジ、イワシ、イカ等で、調理方法が従来から変わらない
魚が飽きられているという分析だ。


な~んて言う話をしていたら、ウチの晩御飯のオカズは焼魚。
んー、ウチは一家全員魚が好きだ。肉も好きだが魚の食べる回数は多い
方だろうと思う。家族揃って世の流れに逆らっているという事らしい。
まったくもって、らしい、と言えばウチらしいけども…。

日本が長寿の国となっているのも、先進国ではダントツの魚消費国だから
だというのがこれまでの通説だが、それもいずれ崩れ去る日が来るかも
しれない。

待てよ。と言う事は、ウチは皆長生きするって事になるのかな?
食べ盛りになっている子供達の胃を満足させるのに、肉ばかり食べていられ
ないから魚を食べているというのも又事実。魚って骨があるから
それを取り除いていたりして時間がかかるから、ガーっと満腹感を覚える
前に食べ過ぎてしまうという事にならないから健康的なのかも。

食費だって肉をバンバン食べられるより、魚の方が安いしね。
むむむ、ウチの食卓に魚が多いのは単に食費が不足しているからなのかも。
なーんだ、そういう事だったのか。

ウチって貧乏だったんだ、やっぱりね。



記事中の「アジ」とか「イワシ」の文字の部分を反転させると
画像がポップアップされるよ~
2007年06月01日 | Comments(0) | Trackback(0) | 食べ物
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。