スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

初鑑賞



中二の娘のピアノ発表会へ初めて行けたのは、先日の大型連休中の事です。
会場はいつもの市内にあるホールではなく、隣町にあってSteinwayが
どうしてこんな場所にそれも会場だってとてもお金がかかっているらしい。
あくまでも土地の普通の人間からすると、という価値基準であって
実際にはいくらなのかは全く知らないが。

娘が教わるピアノ教室の先生も清水の舞台から飛び降りる覚悟で会場を
おさえたらしい。
部隊には2台のピアノが並び、生徒さん達も練習には他の人と一緒に練習
しなければならないという、これまでにない苦労もあった筈だ。

IMG_9595.jpg



会場に入った私の予想を超えた施設は素晴らしく、こんな場所を借りるな
らチケットの販売でもしないと大変だろうになぁ、との考えを妻に言ったら

「だから参加者は大変なのよ」だと。

これは参加費を聞いてはいけないと思い(そう、音楽に金銭面の話しを余り持ち込んではいけないのだ)ひたすら聴衆になる事に決めた。

さて、娘が家で時々練習しているのは聞いていたが、本番ではそれ以上の
出来であったと思う。当日会場へ送っていく間も結構緊張していたのだが
あれだけ出来れば充分ではないか。発表会での演奏は初めて聴いたのだが
一体いつの間にあれだけ進歩したのか不思議だ。

親ばか的には、吹奏楽も悪くは無いが、ピアノをもっと練習すれば…
などとつい甘い考えが頭を過ぎらなくも無い。まったくもって親ばかだ。

何を演奏したのかは……知らない。

まぁ親バカなのはさておき、生演奏をホールで聴いて思ったのが、
やはり音楽は生で聴くに限るなぁ、という事である。
今回演奏したのは先生達の生徒とは言え、既にそれぞれ独立して教室も
開いている人達や音大生もいて、ピアノも名機といわれているものだけに
夢心地の一時であった。

巷ではサッカーくじで6億円があたるぐらいキャリーオーバーが続き、
多くの人がこぞって買いに走っているらしいが、もしも6億もあったら
防音設備のピアノ部屋にグランドピアノを置いて…と夢は膨らむなぁ。

どうせ当たらないから、買いもしないが、それだけあれば娘を音楽の道へ
進ませても良いのではないかと思うくらい感動をもらった。どうやったら
あんなに早く指が動くんでしょうね。見ているこっちの指が攣ってしまい
そうなんだけど。
課題曲が決まった年当初には、「できっこない、無理だよ」と連呼して
いたのに部活で時間も少ない中、よくあそこまで演奏できるようになった
ものだ。初めての演奏会でこれまでの中で一番良かったという演奏を聴く
事が出来た私はいつにも増して、娘を誇りに思った。
IMG_9643.jpg


以上、今回はまったくもって恥ずかしいくらい親バカな内容でした。

2007年05月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。