スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

飲酒運転

新しい一日が始まりました。お早うございます、motasukeです。
皆様寝起きは如何ですか?

さて、昨日の新聞に拠れば、ファミリーレストランのジョナサンで
『モルッティ』という新しいノンアルコール飲料が販売されます。
アルコール度数は従来の0.5%未満から0.06%未満まで下がるそうです。

これを聞いたあなたはどう思われますか?

そこまでして食事をする時にビールを飲みたいですか?
  見た目はビールに似ているそうです
  ビールはビールだからこそ旨いのであって、見た目じゃないぞ
  車を運転する人は絶対飲んじゃ駄目!

そこまでして客単価を上げたいのですか?
  飲酒運転撲滅を掲げるのなら、全部販売中止すればよかろうに
  飲酒運転撲滅に協力したい…なんて本当で考えているのか
  世間の建前、我々はこんなに努力しているとでも言いたいのかね
  新商品投入で、顧客の目先を変えて売上を伸ばす一石二鳥狙い?




確かに、私も昨日の昼食が外食で、メニューの『飲み物』のところを
見た時、「あぁ、飲みたい」と本当に思ったよ。
でも、我慢して諦めれば、それはそれで食べ始めて他に気が行けば
忘れられたんですよ。こんなに私が飲まないよう努力しているのに、
まぁだドライバーでアルコールを飲む人がいるなんて許せん!

飲食店のアルコールを禁止しよう、と言っているのではありません。
運転者が自発的にアルコールを飲まなければ、それだけで済む事です。
店側も堂々とアルコールの販売をすれば良いんです。
客が自分で理性とモラルを持っていれば、それで済むだけの話でしょう。

当人がセーブ出来ないものだから、提供する側がいけないのだとするのも
運転者の逃げ道をわざわざ作っているだけに過ぎず、それがかえって
甘い考えに繋がっているように思います。
自分の周りにいる人が飲酒運転の被害にあったなら…というイメージ
をする事がそんなにも難しいのでしょうか。

お願いですから、車を運転する人はアルコールは絶対に飲まないで
下さい。家で思う存分飲む方が「もし捕まったら」なんて心配もしない
で済むから、精神衛生上もとても良いですよ。

損害保険や生命保険に加入しているのなら、何かあった時にお金が
必要だからと対策しているのですよね。それと同様、飲酒事故に遭った
なら最大級の費用と、家庭や仕事が崩壊するかもしれないのですよ。
それを防ぐのには、費用がかかりません。無料なのに対策をしないって
それは正直に言ってリスク回避に対する考え方を間違えています。

アルコールも販売店も飲む人も悪くはないんです。
運転する人がアルコールを飲まない。それだけでいいんです。
それなのに、何かピントがずれている気がしてなりません。



6:33 投稿


コメント
酒を飲む人がそんなに偉い?
まだまだお酒に対する認識が甘いですねぇ。
「酒の上のことだから」
「俺の酒が飲めないの?」
「彼はお酒に強い」
「男なら酒ぐらい」
お酒が嫌いな人に対する偏見以外何者でもありません。

私は飲めない人に勧めたり無理強いは絶対にしませんよ。
お互い飲酒運転は絶対にやめましょうね。
こてやま君 URL 2007年03月08日 21:16:10 編集
こてやま君へ
飲酒への取締が厳しくなってから、板金や夜中の「ぶつけたから何とかしてくれ」や「溝に落としてしまった」とのSOSの電話が極端に減ったそうです。そえまでが如何に飲酒運転が多かったかを物語っています。

0.06%未満のノンアルコールって、それなら『子供ビール』飲んでればいいのにねぇ。と思ったのは私だけでしょうか。
motasuke URL 2007年03月09日 21:05:10 編集

管理者だけに表示する
«« 家路 | HOME | 桜(伊豆多賀赤) »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。