スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

アカデミー賞発表を受けて思う

日本中の期待を受けて、助演女優賞に菊池凛子さん、作品賞に硫黄島からの手紙がノミネートされたが残念な結果に終わった。

助演女優賞に関しては、菊池さんや関係者には怒られるかも知れないが、今回の受賞は厳しい状況ではなかっただろうか。

私が今回意外だったのが、作品賞を受賞した『ディパーテッド』である。
これは言わずもがな、香港映画のハリウッド・リメイク作品だ。
オリジナルが受賞するのなら判るが、リメイクである時点で評価は少なくとも下がるべきであるし、下がったと思いたい。それでも作品賞を受賞したという事は、スコセッシ監督への長年に渡る帳尻合わせ?

なんて書くと映画ファンにはお叱りを受けるかも知れない。
オリジナルはなかなか良い映画だったので…と書くと尚更か。
マイナス要因を考えても受賞したのだから、ある意味凄い事だと思う。
(フォローしようとすればするほど、悪意があるみたいに聞こえるなぁ)

しかし、スコセッシ監督とディカプリオは『アビエイター』で作品賞の本命に
挙げられながら受賞できなかった経緯があるから、オスカーを手にした
監督がステージ上で何度も『Yes』を連呼したのも頷ける。
未冠の大御所とて、これまでも心底受賞したかったのだろうね。


そんじゃま、いずれ機会があるだろうから、『ディパーテッド』見てみますか。
って、オイオイ、映画を見もしないで書きたいだけ書いていたのかよ
という突っ込みを入れたかったあなた、すいません、その通りですから。

最後にプレゼンターを勤めた、Ken Watanabe もうすっかり世界の映画人になりましたね。NHKの大河ドラマ『伊達政宗』で一躍脚光を浴びるも、その当時の絶頂期と思われた折、病にかかり一線を退く事になった時には、何て辛い人生なんだろうと思ったものだ。
それが今では、あの頃の評価などプロフィールの前段部分にしか過ぎない程の大活躍。病に立ち向かっている多くの人にも希望を与えている事は間違いない。

年を経る毎にいい男になっていく。そんな齢の重ね方には憧れすら覚える。
さぁて、格好良く中年になって行こうじゃないか。俺もガンバロっと。

そうそう、各賞を受賞された皆さん、おめでとうございます。


18:17 投稿  ビヨンセはダイエットしてまた一段と美しくなりましたね

3/1 8:00 インファナル・アフェアを韓国映画と勘違いしてました
       香港映画でしたね。ごめんなさい。本文も訂正しました。
コメント
原作も両方見ていますが、これが賞を取るのは何かおかしいなと思いました。
作品自体は全く同じなんですから。

両方とも面白かったのですが、と言うことはスジが解っているのに面白いディパーテッドがスピード感があって良かったのかなぁ?
こてやま君 URL 2007年02月27日 20:41:00 編集
こてやま君へ
やっぱり何か変ですよね。
レオ様とスコセッシ監督へのプレゼントに思えてしまいます。

こうしてリメイク版がとるとなると、
原作に優れているけれど資金が不足していた
諸外国の優れた作品がどんどん作られるかもしれませんね。

でも資金が潤沢になると、セットやCGにばかり回されてしまうかも。それもイヤですね~。
motasuke URL 2007年02月27日 22:04:06 編集
私も1票^^
そうよね、おかしいよね。リメイクなのに。って原作好きだけど。
でも監督が取るまえにレオ様主演取れないよね。
これでレオ様次主演男優賞かな^^
シュナまま URL 2007年02月28日 10:47:05 編集
ホントに、どうしてこれで作品賞なんでしょうね?でもこれでスコセッシ監督、引退できるかな?
ビヨンセ、綺麗です。人はやっぱり見られることで美しくなるんだって思いました。
olive URL 2007年02月28日 14:50:54 編集
oliveさんへ
オリジナリティーについては既に欠けているのだから
監督賞や俳優、もしくはスタッフを対象とした
賞の授与なら判りますが、作品賞というのがどうも気になります。
スコセッシ監督はまだまだやれそうですから、レオ様主演男優賞受賞まで頑張りそうです。

ビヨンセはこの役をやる為に、かなりダイエットしたみたいですね。
ファッションの世界では、モデルさんの事故を受けて痩せすぎに対する批判がヨーロッパを中心に起きていますが、今回彼女が取った行為は問題無いのでしょうか。
一見してあれ?と思えるくらい体型が変わっていましたから、かなり絞ったでしょう。
俳優は役柄で体重を増減させる事がよくありますが、ビヨンセは歌手ですからねぇ。

でも確かに、役作りとは別に、女性は特に人の目に晒される事でどんどん美しくなりますね。という事で、oliveさんもカミング・アウトしますか?機会があれば後姿ではなくてね!v-398
motasuke URL 2007年03月01日 00:09:45 編集
シュナままさんへ
そうでしょ、そうでしょ。
原作の出来も良かったから、リメイクでアカデミー賞取られちゃうとねぇ。
香港ではどのようにほうじられているんでしょうか。

あれ?レオ様って、シュナままさんは韓流スターのジョ○○さんじゃありませんでした?v-391
でもまぁ、今回でダイブ大人の男を演じられるように、いい俳優になってきたようですね。
昔の可愛らしいレオ様と男らしいレオ様ではどちらがお好みですか?
motasuke URL 2007年03月01日 07:59:10 編集
シュナままさんへ
最初に返事した内容で、香港映画と韓国映画を間違えていたので、訂正させて頂きました。
それで一度コメントを削除して書き直したのでご了承下さいね。
motauke URL 2007年03月01日 08:54:54 編集
こんばんわ。あまり映画を見ないので、アカデミー賞もそんなに注目していなかったのですが、たまたま見たシーンで渡辺謙さんがプレゼンターを務めていました。
びっくりするほどハリウッドのあの華やかな席に馴染んで、それに堂々としていらっしゃって格好良かった!!

・・・でも、やはり私にとっての渡辺さんは「独眼竜政宗」です(^^;)
そら子 URL 2007年03月01日 23:06:36 編集
そら子さんへ
若かりし頃の渡辺謙さんのあの凛々しさは何とも言えず
良かったですねぇ。知っている人がいてホッとしています。

昔でしたら不治の病と言われていた病気ですから、
療養に入る事を知ったときには、とても悲しい思いをしました。
それだけに最近の活躍には目を見張るものがありますね。

渡辺さん本人が言っていたのですが、暫くは病人の役をどうしても受け入れられなかったそうです。周りが自分を病人として見ているのではないか、という不安が暫く頭から離れなかったそうです。

辛い経験を乗り越えてきたからこそ、人間が一回り大きくなったのかもしれませんね。
motasuke URL 2007年03月02日 00:38:32 編集

管理者だけに表示する
«« USBメモリー | HOME | 光より速く »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。