スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

赤は赤でも



以前、『赤い車』と銘打って掲載したのは、アメリカのコルベットだった。
その時には、昔、山口百恵さんが歌っていた『プレイバック part2』の歌詞が
NHKの紅白歌合戦で特定の企業名を出せないという理由から、
『真っ赤なポルシェ』という歌詞を『真っ赤な車』に変更した事を書いたわけだが、
今回の赤い車は、赤い車でも、三菱のデリカなのだ。



前からみた写真を載せようと何度もトライするのだが、最近FC2の調子が良くない。
写真を新たに挿入しようとすると、全く新しい記事作成になってしまうのだ。


???どうして?

折角、なかなかお目にかかれない車を載せようと思ったのに…。
だってこの車、ただの車じゃなくて、2006アジア・ラリー完走車だよ。

後からの写真では殆ど判らないけれど、前からの写真ではフロントバンパーの
辺りからもう既に一般車とは違うぞって雰囲気があるんだ。
そして車内を覗き込むと、もうそこは、はい、競技用車両でしかなく、
一見すると飛行機か?と思うくらいスイッチが助手席側までズラリと並んでいる。

百聞は一見にしかず、なんだけれど…。つたない私の文章では表現できない


気力が失せたので、再度その気になったら画像ファイルの
アップロードからやり直してみよっかなぁ。

オチまで考えて書き出したのに…。
こうなりゃ、赤は赤でも、小林旭が歌っていたコンバイン(農機具)の
♪燃える男の 赤いトラクター それがお前~だぜ~♪にしてしまうぞ。

関係ないけれど、小林旭が
「今の俳優で俺(小林旭)の後を継げるのは、キムタクぐらいだな」
と言っていたけれど、どうやら、自分の方がキムタクより格好良かったと
言いたげだったなぁ。
百歩譲って、今を時めくキムタクは昔の自分そっくりだ。と言いたかったんだな。

2丁拳銃を持っていた役をしていたのが小林旭だったかな?
『底抜け脱線ゲーム』みたいに、どんどんずれてきたので今日はここまで。

それでは皆様、良い週末を~

23:19 投稿


2007年02月24日 | Comments(4) | Trackback(0) | フト思う
コメント
マッドガードが思い切り外に張り出してますね!
こんな車が駐車場に止まっていたら小さい子供の顔を切りそうです。
恐いですねぇ!
こてやま君 URL 2007年02月25日 00:12:30 編集
こてやま君へ
あれま、本当にこれは怖いですね。
全然気が付きませんでした。
でも安心してください。この車はディーラーの駐車場で、訪れるお客様は
興味のある人だけがわざわざ見に行かないといけない場所にありました。

意外と自分の関心がある処しか見ていなかった証拠ですね。言われる迄全く気にも留めませんでした。
近寄ったら一番危ないのが私のような不注意な人ですね。ヒョホ~イ、反省。
motasuke URL 2007年02月25日 19:25:14 編集
こんにちは。なるほど!子ども時代にNHKの映像を見た際、「緑の中を走り抜けてく真っ赤な車~」と歌っているのを見て「・・・何故歌詞を間違える(でも歌詞の字幕もそうなってるし・・・どうして?)」と不思議に思ったのですが、そういえばポルシェは商品名になりますね。。。
他にも、「伊代はまだ16だから~」が「私まだ16だから~」になるのも不思議で仕方ありませんでした(^^;)子どもには「大人の事情」が理解できませんでした・・・
そら子 URL 2007年02月25日 23:19:32 編集
そら子さんへ
こんばんは、そら子さん。
最近のNHK紅白歌合戦はだいぶくだけてきましたね。
DJオズマのコスチューム問題なんかは、以前では全く有り得ませんでした。
武田鉄也率いる海援隊の出場をどうするか検討された時には、ジーンズ姿がいけないとされたのですから。

当時の厳しい倫理観がそのまま引き継がれていれば、
昨今の不正支出なんていう問題も無かったのかもしれませんね。

それにしても、百恵ちゃんの映像を見たのが子供時代…と書かれると、改めて、あぁそんなにも時が経ったんだなぁと思い知らされます。
しっかり記憶している私はやっぱりオジサン世代になっているんだと。トホホv-409
motasuke URL 2007年02月25日 23:43:55 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。