スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

出会いは突然

折角借りているカメラのレンズなので天気が悪かったけれど、
何かチャレンジして撮っておこうと思い、微かに雨の残る中をいざ散歩へ。

IMG_6934.jpg

今までは知らなかったけれど、梅って紅梅の方が早く咲くみたい。
本格的な見頃はまだ先なのだろうけれど、今咲いている木を見る限り
紅梅はちょっと過ぎてしまったかのようだが、白梅の方は元気。

まだ小雨が残っていたので、日曜日なのに公園には殆ど人影はなかった。


しか~し、である。捨てる神あれば、拾う神あり、だ。

メジロなんて初めてじっくり見ましたよ。
多分この鳥はメジロだと思う。だって見るからに目の周りが白いもん。

残念だが天気が悪いので、写真を撮るには条件が悪すぎたが、
予想外の出会いを考えれば、贅沢は言っていられないし、
天気が良かったら綺麗に取れていない言い訳がみつからないから良しとしよう。



20070218215244.jpg

やってみて初めてわかる事って世の中多いけれど、野鳥を撮っている人って
集中力と技術が凄いと改めて思った。

鳥は一つ所にじっとしていないし、マニュアル・フォーカスの何と疲れる事か。
周りの枝が邪魔をして、オートフォーカスではピントが合わない。
カメラがピント合わせに悩んでいる間に鳥は何処かへ行ってしまう。

それに近づこうにも、人の気配で逃げられてしまうのでは…、とまるで要領が掴めない。
マニュアル・フォーカスで思い知らされるのが、ファインダー内の明るさや
見易さが如何に重要か、という事だ。
かなり慎重にピントを合わせたつもりでも、こんなもんさね。
20070218215326.jpg


気が付くと、メジロが何羽もいて、恋人なのか家族なのか
仲良さそうに花をつついていた。
あれだけいるのはもしかして、結構メジロのスポットなのだろうか。

野鳥に出会うのがいつも予期しない時ばかりなのだが、それは多分、
今までも出会っていたのだろうが、鳥に注意がいかなかっただけなのかもしれない。


鳥に限らず、カメラを持つようになってから、それまで意識した事の
無かった色々な事象が目につくようになってきた。
突然の出会いは、何も相手が女性でなくても嬉しいものだ。
などと書くと、ただのエロオヤジに聞こえるかも知れないが
それはそれで合っている気もするな。


22:30 投稿


2007年02月18日 | Comments(4) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント
ほんとだ、目の周り白い
一瞬、鶯かと思ったけれど、この目の周りの白さは、やっぱりメジロか。

梅の花に囲まれたメジロの写真、いいですね~。

気が付き始めると、これまで全然目に入らなかった世界がぱっと開けて楽しいよね!
Lady E URL 2007年02月19日 00:12:12 編集
Lady Eさんへ
梅とメジロって、何か花札みたい。
花札の役って言うの?梅とホトトギスだったかな。
そういう組み合わせが良しとされているのだから、
梅と鳥ってどことなく雰囲気が合うのでしょうね。

それまで知らなかった世界に気付くと、ホント急に目の前に別世界が開けて、自分の世界もまたグッと広がって楽しいねv-410
Lady Eさんの世界も私にとって別世界(確かに国も違うけれどね)で、興味深く楽しいですv-218
motasuke URL 2007年02月19日 09:11:49 編集
成る程目の周りが白いから「メジロ」ね。
云われてみればそうだわ。
ベランダから鶯の鳴き声は聞こえるけど姿は見えず。野性の鶯なんですよ。
メジロもいればいいのにな^^
シュナまま URL 2007年02月19日 18:26:51 編集
シュナままさんへ
なにやら似たような大きさと色の鳥がアチコチにいて、
メジロだけに『シロガネーゼ』の聖地か?
なんて御馬鹿な事も頭を過ぎりました。

2枚目のメジロは加工でシャープネスをかけたから
何だか置物みたいな不自然さが出てしまいましたね。

鶯かぁ、会ってみたいなぁ。
motasuke URL 2007年02月20日 00:09:19 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。