スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

この商品広告は何だ

あの~、一時、携帯電話各社が通話料金に関しての表示が誤解を招く
という事で、公取から指導や勧告を受けましたが、私はこれもそうだと思う。

ハードディスクタイプの録画機。

確か買った時は『250時間録画可能』となっていたのに、40弱の番組しか
録画してしないにもかかわらず、『残り時間が7分になりました』って何なんだ!

一つの番組が仮に2時間だとしても、80時間にも満たないって、そりゃないだろうに。

個人的には、ハイビジョン番組を撮ることが多いので、高画質で録画しているから
通常よりデータ量が大きくなるのは理解できる。
だからって、公称の三分の一しか録画できないって、それだったら
最初から、ハイビジョンでは○○時間ですって書いておいてくれても良いだろうが。

そんなもんが判っていたら、最初からもっとハードディスクが大容量な製品を選びましたよ。録画時間が短くなるのと、通話料が明確な表示がなされていないのと、どこが違うの?どっちも誤解を生むのは一緒じゃないか
        ・
        ・
        ・

なんて思っていたら、250時間じゃなくて、250GBだった 

えーっと、えーっと、 それだって、紛らわしいわい!

こ、これも一緒だい!誤解を招いたぞ。

おかげで、こちとらDVDにダビングする操作をしない限り、
次の見たい番組があっても録画できません!
ダビングしたとしても、DVDの山が出来てしまうじゃないか。

うん、やっぱり、判りやすいのは、○○GBという表現じゃなくて、
ドラマだったら○○時間、ハイビジョン番組だったら○○時間とするべきだ
と思いますが、如何なもんでしょう。


23:56 投稿

2007年02月14日 | Comments(0) | Trackback(0) | フト思う
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。