スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

恋愛映画好きですか?

今日から2月ですね。こんばんは、motaです。

米国の心理学者が行った調査で、男性も女性と同じぐらい恋愛映画を楽しんでいることが分かった。

という記事があったが、何を今更という感じで受け止めたのは私だけなの?
我が家で加入している衛星放送の『WOWOW』で毎週火曜日は『恋する火曜日』と銘打って、恋愛映画を主に放送している。毎月、新しい番組プログラムが来る度に、さてさて今月はどんな火曜日になるのかな?と必ずチェックしているのよ。

そんな私だから、男性が恋愛映画を楽しんでいるなんていう調査報告を耳にしても何を今更、という感が拭えないのだ。まぁ声高に他人様に披露するほど誇らしいものではないと言うのも事実ではある。どことなく照れ臭いのである。何と言っても40を越えたオッサンだからね。

幸い、自宅では誰憚る事無く恋愛映画を見ていても、少しも恥かしくない。自宅とは何と便利な空間なのであろう。

何故に未だにそんな映画に興味があるのか考えてみた。ここで予め言っておくが、決して恋愛映画だけを見ているのではないので、くれぐれも誤解の無い様願いたい。

 さて、自己分析であるが、大事な青春時代を男子校という異様な空間で過ごした事がいけないと思われる。高校生と言えば、一番色めきたっている時代でなければならないのに、『質実剛健』などというお堅い言葉の下、冬でも体育は半袖・短パンという姿で、暖房設備も無かったのである。
体育祭で聞こえるのは、「ウォ~」とか「ナロ~」とか「テメェ」なんていうものばかりで、黄色い声援などまるで無かった。

自然界だって、動物の雄の方が綺麗だったり、豪華だったりするのは、単に異性の注意を惹きたいが為である。種の保存という大儀はあるだろうが、要するに、異性に認められてナンボな訳だ。

そんな自然の摂理に反するかのような男子校なんて、そりゃ青春の一コマを放棄するようなものだわ。
男子校でも、他の学校の女生徒と仲良くなれば良いじゃないかとお思いのあなた!その考えはとても的を得ています。
が、しかし、悲しいかな我が母校は駅から徒歩1分にあり、乗り換え無しの片道30分弱では、そりゃ出会いもヘッタクレもありませんよ。

そう言えば、夏の甲子園を湧かせ、早稲田の女子入学志願者数を一気に跳ね上げた、ハンカチ王子の斎藤君が所属する早稲田野球部は女子マネージャーは認められていないそうですが、そういう変な伝統は止めた方が良いと思う。

普通は、ふつうは、女と男っていうのがいるんだから、出会って当たり前なのに、それを不自然に分けちゃイカンよ。『恋愛適齢期』という映画もあったが、それとは少し違い、若い頃には恋をしないといけないと思う。若い時には若いなりの、幼い時には幼いなりの恋愛をしないと、大人になってから変な恋をしてしまう事になりかねない。

恋も遊びも若いうちに、充分しておかないと、大人になってから火傷を負う事にもなる。

あれ?ちょっと違う方向へ話が向かい出してしまった。

言いたかったのは、男の方が女々しく、振られた元カノをずっと引きずる様な事が多く、恋愛に自分の夢を当てはめてしまうような事も多いのだ。イメージと現実は違うのが往々にしてある為、映画の中の主人公に自分を無理矢理にでも当てはめて、勝手に自己満足に浸っているに違いない。

きっと学者さんが調べた結果より、男性の恋愛映画好きはもっと多いのではないだろうか。


22:10 投稿

2007年02月01日 | Comments(8) | Trackback(0) | フト思う
コメント
そこが聞きたい!
ども。
自然界と人間界はまるで逆ですねe-2
女が着飾って、男は普通。ってパターンが多いとおもいますよねぇ~。

で、motasukeさんは恋愛できない状況でどうやって奥さんと知り合ったんですe-3
もるパパ URL 2007年02月02日 04:10:12 編集
ふふほんと~どうやって奥様と結婚までこぎ着けたんですか?(^m^)
motasukeさん私より乙女だ~^^;
胸キュンいつまでたってもいいもんですね。
シュナまま URL 2007年02月02日 18:56:39 編集
もるパパさんへ
いやぁ~、そうきましたか。でも、答えは簡単、高校は男子校でしたが大学は共学でした。あれ?でも学ラン来てスポーツ刈りだったのにねぇ。何故なんでしょう、ウチの妻と知り合ったのは…、恥ずかしいじゃないですか。
少しだけ教えちゃいますよ。キッカケは東京都千代田区のとあるランドマークにもなっていて、桜の頃は花見客が多く、コンサートなんかも行われる場所で出会ったのさ~。
moatasuke URL 2007年02月03日 19:20:51 編集
シュナままさんへ
皆さん、映画の話をしなきゃ駄目じゃないですか!恋愛映画が好きかどうかが問題なんです。もう、二人してダッグを組むなんて、ズルイですよ。
経緯のヒントは先程書いたとおりです。ちなみに、大学は別々だったんですよ~。おぉこれこそ、運命的な出会いですね。
でも、伴侶となる人は、どこの方達も運命的な出会いである事に違いはないんですけどね。だって、地球上で人口60億もいて、その中で結ばれるなんて…、ね、運命でしょv-398
motasuke URL 2007年02月03日 19:26:24 編集
そうなんでちぃかぁ~
へぇ・へぇ・へぇ・へぇ・へぇ・へぇ・へぇ・へぇ・へぇ・へぇ・へぇ
(11へぇでちぃ)
もるたん URL 2007年02月04日 02:49:49 編集
もるたんへ
もるたんも、これからきっと素敵な出会いが待ってるんだろうなぁ……。
楽しみだね~。
motasuke URL 2007年02月05日 22:23:57 編集
絶対そうだよね~。
そうそう。男だって恋愛映画好きですよね!
私も大好きです。女だけど。(笑)
映画だと夢が見れるし・・・ロマンチックだもん。
男も女もロマンチックでないと!

そうそう恋はいっぱいしたほうがいいと私も思いますね。
折角この世に生まれてきたんだもの。
若いうちにいっぱい恋して若さを謳歌してほしいな。
くらぴか URL 2007年02月08日 23:12:29 編集
くらぴかさんへ
若さを謳歌してほしいだなんて、そんな他人事みたいに言っちゃぁいけません。
幾つになってもドキドキ・ワクワクしていたいですよね。
もうすぐチョコの季節ですが、くらぴかさんは今年は誰にあげるんでしょうねぇv-411ただあげるんじゃなくて、ドキドキしながら渡せるといいですね。
motasuke URL 2007年02月11日 22:03:47 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。