スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

我ながらいいぞ

お早うございます。motaです。

先日オリコン1位になった『千の風になって』という歌がありますよね。
営業中の車中で聞き、何気なしに真似て歌ってみました。

あらあら、そうしたらどうした事でしょう。
とっても似ているじゃありませんか。

よ~し、これでまた身を助ける芸が一つ増えたぞ
フフフ


そこで更に思ったのが、これだけ評価が高い人の物まねが上手いって事は…
俺って素晴らしい声&歌が上手いって事じゃないかぁ

ひょひょひょ。我ながら素晴らしい!


と思ったのも束の間。この歌は飲み会では盛り上がらない。
な~んだ、宴会芸にはならない。
それならば、家族に聞かせてしんぜよう。とワンフレーズを披露しました。
♪眠ってなんか~いません~♪


結果、冷たい現実にぶつかりました。

 うるさ~い ですって うるさいですよ。うるさい…
ウザイとは言わないだけ、お利口さんなお子ちゃま(言葉遣いは厳しく指導よ)
盛り上がると思った私の夢かはたまた希望は無残にも打ち砕かれました。





まぁいつまで落ち込んでいても仕方が無いので、車の中で大声で歌いますよ。
そうさ、何時だって車の中では独壇場だもんね。

でもさ、この歌の何に感動したかと言うと、亡くなった人の魂は
お墓の中に無くて、自由に空を飛んでいるという解釈。
骨壷に入って墓石の下にいるなんて、可哀相じゃない?

日本の習慣を否定するつもりは毛頭ないけれど、
お盆とかで『お迎え』に行って、お墓から仏壇に来てもらうって
普段は何か押し込めているみたいな、そんな感じでちょっと違和感があった。

魂になってからは、生前のしがらみに囚われずに自由になれた方が
絶対いいに決まっていると思うんだよね。
巧く表現できないけれど、魂の解放とでも言うのかな、そんなイメージ。
それは自分でもそうなりたい、そんな想いも重なっている。

今でも自由に生きている事に違いはないけれど、まぁ、そう思ったんだ。


10:10 投稿

2007年01月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | フト思う
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。