スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

クラシックの時代

全国3000万人の『のだめカンタービレ』ファンの皆様、そうでない方もこんばんは。
一週間で一番素敵な夜がやって参りました。何事も無ければ明日は休日ですし、
9時からは楽しいドラマがあるじゃありませんか。
最近は『のだめ』にもう夢中です。先週の話は録画して3回も見ました。

と言うのもですね、ドラマそのものは勿論面白いのですが、
クラシックのエッセンスが仰々しくなく織り込まれているのが
長らく音楽から遠ざかっていた私の心の何かのスイッチを入れたようです。

中学生の頃、リストっていいなぁなんて思っていた私ですが、
最近知ったところによれば、リストはロマン派だとか。

やっぱり私はロマンチストだったのねぇ~どうりで俗世間に肌が
合わないと思ってしまうわけだ アイテテ。


しかし何ですね、巷では『のだめ』の本や、ドラマ使用曲集なんていう
CDが売っていたりと、ここであったが百年目みたいな勢いで
クラシックがあちこちで紹介されていますな。




昔はサントリーホールやNHKホールなんかにクラシックコンサートを
聴きに行ったりもしたけれど、最近はご無沙汰。近頃じゃ宴会用の
歌謡曲(こんな言い方しないか)やJ-POPを聞いていたけど、年のせいか
だんだん違うアーチストの歌が聞き分けられなくなってきた。
なんだか曲調が一緒じゃねぇかよ、とツッコミを入れたくもなる始末。

年をとったからクラシック音楽に行くというものでもないのだが
単に音色の奥深さを知ってしまって、「良い音が聴きたい」のだめカンタービレ

なんちゅうか、知らないものに対する興味がこう ガーッと出てきてね
昔は作曲家の誰それの曲がいいなぁなんて思っていたんだけれど
最近じゃ、演奏するフィルが違うとどうなの?同じフィルで指揮者が違ったら
同じ曲がどう変わるのか、そんなところに興味が出てきちゃったのさ。
どちらも全くこれまで考えた事も無かったクラシックの素人だから
想像ができないんだよね。

となると、これから聴いてみるしかないでしょ。

まずはピアノをメインに聴き始めようかなぁと思っているけど、
家でそんなのを聴いていたら、ピアノをやっている娘へのプレッシャー
になってしまうかも…と娘思いの父は頭を悩ませるのであった

何処かへ出掛ける時間がとりずらいこの頃では、結構ナイスな
マイブームかもしれないな、クラシック音楽は。

娘の通うピアノ教室でも、『のだめ』効果で、生徒さんに音大進学という
選択肢を考え始めた子供もいるらしい。
意外とブームというのは、テレビ番組から始まるものだしな。
これからは街中を楽譜を手に歩く若者が増えるかもしれないぞ。

そうだ、全入時代の大学なんて目指さずに、もっと感性で行こう!


20:22 投稿

2006年12月11日 | Comments(8) | Trackback(0) | つれづれ
コメント
こうなったら!
motaさんもオーディオの趣味を復活!させるのじゃ~~~~~!!
大丈夫1千万もあればかなりな音が…v-392
…冗談はともかく、今の機器は良い音ですよ。(ココから音が全く変る目安:マルチプレーヤー+アンプ+スピーカー2本で売値30万くらい)演奏する側の質も録音の素晴らしさも最近はスゴイです。

ここは是非オーディオを復活させてイイ音に浸りましょ~~~~
SIGMA URL 2006年12月12日 08:33:19 編集
SIGMAさんへ
むむぅ、1年間飲みに行くのを止めないと買えそうにないですv-409
大音量では当然聞けないので、今あるミニコンポで
先ず音楽の勉強から始めよっかなぁ。

いい音を聴きたいけれど、男ってさ、
一歩間違えると機器の方で満足しちゃうじゃない。
これは以前にもSIGMAさんともやり取りしたけど
男はメカニックなものに弱い(目が眩む)よね。
イカン、イカン。今は小さいコンポでもいいから音楽の勉強をと考えてるのよ。人を惑わすような事言って楽しんでるでしょう?
motasuke URL 2006年12月12日 09:29:21 編集
ちょっと危惧してみたり
ロマン派がお好きなんですね ♪ 私も基本的に好きです。
ロマン派はやはり人気がありますから、なじみもありますし
実際、「 のだめ~ 」 で取り上げられてる曲もロマン派が多いですよね。
ロマン派の作曲家は著名な人が多いので、CDも探しやすいのではないかと思います。
せっかく、ロマン派が好きならピアノと言わず
ロマン派の集大成 = オケ にチャレンジしていただきたい!!
お嬢様は吹奏楽をやられていると思うので、ベルリオーズあたりはいかがでしょう!?

ちなみに、楽団や指揮者の違いは、突きつめていくと
「 作曲家だったら●●が好き! 」
と同じで、結局好みの問題になると思いますです ( 特に指揮者 )。
この違いも、普通に聞く分にはさほど違いはないと思うのですが
楽団より、指揮者の違いの方がわかりやすいです。
楽団は演奏レベルはあれども、結局は指揮者によって演奏方法はかわりますからね。
( というか、変わらざるを得ないという感じですかね )
ソリストの演奏の方が、曲の解釈が全然違ったりして面白いですよ。

日常的にクラシックを聴く人間としては、この 「 のだめブーム 」 は
今までの 「 クラシックが家に流れている = 暗い 」 という方程式を
払拭してくれるようで、嬉しいような不思議な感じです。

更に「 のだめ効果 」 で、音大に興味が!とは
素人ながらに音大(附)を一応目指していた者としては、びっくりです。
当時は、不思議がられてましたから。

でも、実際のところ音大出は本当~~~に潰しがきかないんですよね・・・・
私は、大学等で学んだことは 「 人生 」 に生かせばいいわけで
何も職業や仕事に直結させなくてもいいと思っているのですが
実際問題、現実はそうはいかないですし、
音大を出てもその道で食べていける人はほとんどいない。
かと言って、一般企業への就職率は驚くほど低い。

しかも、学費が高い!
学費の他に師事している先生への別途授業料、留学費、
レベルがあがればあがるほど、楽器の購入費や維持費もかかりますし・・・

あまりにブームが先行して、音大の現状や実態を知らない人が
目指したものの想像していた夢と違った結果に
後の祭りにならないかと少し危惧してしまいます。
社会も同じように、変化していって受け皿が増えてくれればいいんですけどね。
( 私が心配することではないですけど。笑 )

そうそう、motasukeさん。
音楽におけるロマン派は 所謂「 ロマンティック 」 の概念とは
ちょっと違うんだっちゃ ( 彰風 ) ♪
はー URL 2006年12月13日 02:25:07 編集
「のだめ」…我が家でもはまってます。あのバッグも買いましたし(笑)

今週の話で登場したドビュッシーの「喜びの島」は吹奏楽にも編曲されてるんだよ…なんて娘さんに話すとちょっぴりお父さんを見る目が変わるかもしれませんよ(笑)
讃遊亭禅楽 URL 2006年12月13日 08:27:49 編集
はーさんへ
ロマン派とロマンチックは意味が違うの?これはまた失礼しましたv-436

昨日会社が休みだったので、ポリーニさん演奏のショパンのエチュードを
買いまして、聴いていますが、エチュードが練習曲だったという事すら知らずにいて大変お恥ずかしい状態です。
まだまだ知らない事だらけで、オーケストラの違いを聞き比べる段階にはいつ入っていけるか不安ですが、いろいろ教えを頂きながら勉強して以降と思います。はーさんの書いている内容で判らない事は妻に聞いてみたり(ベルリオーズって知ってる?とか)しながら、楽しんでいきたいと思いますよ。

クラシックが流れる家が暗いなんていうイメージがあるとするならば、それは変えていかなければいけませんねぇ。のだめに、そうした効果あがあるのなら、まさに絶好の機会ですね。

ウチもね、音大に行くなんて言われたら困る口ですので…、以前書いたかもしれませんが、ある人はそれまで車に結構お金を掛けていたのに娘さんの音大入学とともに軽自動車になってしまったんですから。
海外研修なんていったらいくらかかる事やら。
motasuke URL 2006年12月13日 09:42:45 編集
禅楽さんへ
禅楽さん、あのバッグって、もしかして『のだめ』が持っている
鍵盤が描かれているのですか?売られていたとはv-405

吹奏楽に編曲されていたなんて、それはまたオイシイ話を
有難う御座います。
よ~し、今夜娘が帰ってきたら(帰りは私の方が遅かったんでしたv-388
さり気な~く、自慢しちゃおうかなぁ。
motasuke URL 2006年12月13日 09:50:49 編集
ショパン聴き比べ
「 ロマンティック 」 はロマン派の文学において用いられるもので、
音楽における 「 ロマン派 」 は、もっと技巧の面での飛躍が取り上げられることが多いんですよ~

エチュードは確かに 「 練習曲 」 ですが、
そういう固定概念を抜きにして 「 いい曲だな~ 」 と思えるなら問題ないのでは?
逆に、練習曲として作られたものでもそれだけレベルが高いってことですものね ☆彡

ポリーニをお聞きになったんですね。
代表的なショパン弾きの一人ですよね。
欠点のない弾き方をする技巧派ピアニストと言われていたと思います。
ショパンで、現在ポリーニをお聞きだったら・・・・そうだなぁ・・・
ショパン弾きの元祖、そして基礎といわれている ルービンシュタイン、
ショパンを極めたといわれているホロヴィッツ、
現在 N響で指揮をしているアシュケナージ、
非常に情熱的な女流ショパン弾きのアルゲリッチ、
若手だとキーシンあたりを聴くと、違いがわかると思います。
( 自分が持っているCDをあげてみただけなので、信憑性なし )
個人的には、アルゲリッチがお勧めです。ドカンと来ますよ!

お嬢様、もし音大行きたい!!となると ( 専攻にもよりますが )
各々の専門の先生への師事を決めなくてはいけない時期ですね。
専攻器楽、副科のピアノ、音楽通論、楽典、指揮法、作曲論法・・・

おっと、思い出して眩暈が ★

ちなみに、吹奏楽だったら スウェアリンジェンが好きです (笑)
お嬢様なら、絶対にわかるはず!
マーチングの時は、私は楽器から外れて先頭指揮官( バトン持ってる人 )をしてましたよ~
すっごい恥ずかしかったのを覚えております・・・
はー URL 2006年12月13日 21:50:26 編集
はーさんへ
おぉ情報が津波になって押し寄せてくる~v-405 メモ、メモ。

音楽でのロマン派というのも、スーパーピアノレッスンで知ったんですが、
ダルベルトさんの音に引き込まれてしまったのが今回の一連の発端です。

しかしショパンだけでもこれだけ多くの有名な演奏家がいるとなると
やはり奥深さは相当なものなんでしょうね。
アルゲリッチの名前はCD屋さんで見かけました。確か協奏曲のCDだったと思います。次のターゲットにします。

娘は音大へという考えにはまだ程遠いんじゃないかなぁ。普段ボーッとしていて、直前になってから集中するタイプなんで、余り先の事は考えていないと思います。推測ですが。
楽器としても、ピアノとクラリネットのどちらに興味の主体があるのやら…。

ええ~っv-405はーさん、あの大きな棒をグルグル回していたんですか?花形じゃないですか、凄い!
音楽話はこれじっくり聞き出したいですねぇv-418
motasuke URL 2006年12月13日 23:45:50 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。