スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

教育を考えてみた

皆様コンニチハ、motasukeです。
近頃の学校での問題解決への道をハタと思いつきました。最善ではないにしても
まぁまぁ良いのではないかと思ってはいるんですけど…。

まず問題の起きた原因ですが、

公立高校での未履修問題は、授業時間の不足から、受験対策の為に多くの時間を割きたいという物理的な問題と、
受験に無関係ならそうした科目を学ぶ事の意味を見出せないという
倫理的な問題がからんでいる。

イジメの問題は子供達の心による部分が大きいと思います。
教育の場だけでは無く、完全な平等とは有り得ないものなので、
差別をしないように…という教え方をしたところで
余り意味を成すとは思えない。
例えるなら体が大きいという点をとってみても、
みんな同じなんだからと子供達に言ったところで通用するはずもなく、
混乱するだけだと思います。
皆の体格が同じではないのだから、子供にしてみれば「やっぱり違う」
と思うに違いない。

という事を踏まえていくと、


違いが有る事は、それとして認め、認める事が成り立って初めて次に言
う道徳の部分に話が進めるのではないでしょうか。
みんなそれぞれ違いがあるんだと。ただ、違うからといって、それを陰でコソコソ話をしたり、笑ったりしたら相手がどう思うのかという、
想像力を働かせたり、相手を思いやる心を持つ為には道徳の時間というものが授業であっても良いのではないでしょうか。

週休二日にして、ゆとりだ何だと騒いだ結果が学力・人間性の両面で
問題になっているのなら、土曜日も学校へ行き、授業を受ければいいのにな。
総合学習で何を学ぼうとしているのかはまだ手探りなのかも知れません
が昔私達が学校へ行っていた頃にあった、道徳の時間の復活があっても
いいと思います。

我が家の事情で言わせてもらうならば、土曜日に学校があった方が
共働きの家庭としては大変助かります。
勿論、だからと言って問題を全て学校の責任にしようというものでは
なく、躾や教育というものも家庭で考え、子供達に話していかなければ
ならないのは言うまでもありません。

様々な制度の問題も改善しなければならないと思います。何故入試偏重
のカリキュラムになるのか。今のいい大学とされている所へ入学すると
何がいいのでしょうか。教育委員会に学校の実態を知られないように
する事の理由は何でしょうか。

学校存続の為に、有名大学進学者数・合格者数を増やす事が使命として
も何故学校側がそう方針をとるのか。人を判断する尺度に学校・学歴を
重視する大人の価値観があるからです。

学校の暗部の実態を教育委員会に知られたくないから、イジメを認め
たくないという考えがあるから報告できない。イジメがある学校・
クラスは駄目だというレッテルを貼られてしまう事を恐れるから隠す
んです。隠そうとはしないまでも、認めたくないんです。中には懲戒
免職にでもなったら校長の退職金が…と考える人もいるでしょう。
どれも大人の価値観に起因しています。

もとを辿っていくと、大人の価値観・倫理観を子供の社会に当て嵌めて
いるに過ぎないし、子供は大人の姿を敏感に感じ取っているからこそ
大人が思っている以上に直接的な言動に表れるのだと思います。

親が子供の前で誰かの悪口や何かの不平・不満を漏らしていれば、
感受性は強いけれども何にでも染まりやすい純粋な心を持つ子供に
悪い考えを持つなと言う事のほうが酷です。
子供が大人を写す鏡であるからこそ、大人の社会こそ襟を正さなければ
何時まで経っても解決しないと考えます。

誰しも完璧ではないし、良くなろうとする心は持っているものです。
相手を認める為にも自分を見つめ直し、自分を、周りの誰かを愛する事
が出来たなら素晴らしい考え方も出来るのではないでしょうか。

人や何かを愛する事の素晴らしさは、入試科目にはありませんし、社会
がそれを広く評価している訳でもありません。でも、形に出来ない、
目にする事も出来ない事の方が人間としては遥かに重要かもしれない。
生きていく為に呼吸をする様に、自然とできたなら良いのに…

頭だけで考えても上手く行く筈もないので、まずは土曜日も学校へ行き
もっと多くの事を学び、体験しようじゃないか。
大人の社会がいけないとしても、頭が凝り固まってしまった私達大人
よりも、未来がある子供達の伸びシロを増やしてあげましょうよ。
という事で、週休二日制は廃止という方向で如何でしょうか?


12:00 投稿

2006年10月31日 | Comments(0) | Trackback(1) | 家族・教育
コメント

管理者だけに表示する
トラックバック
高校の履修不足問題について「あれ?禅楽のヤツ、何も書かないなぁ」と思っている人もいるでショ。教育基本法の見直しだの、いじめ問題だのと一緒くたに世論を立ち上げようとする下らない風潮に流されたくないのであえて触れずにいましたが、ここら辺で端的に語っておきまし
禅楽師匠の課外授業 2006年11月02日 08:26:54

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。