スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

安倍政権に望む事 その1

安倍政権が発足し、徐々に各新聞やテレビで閣僚のインタビュー
が出てくるようになってきました。

てな訳で、新政権に望む事を書いてみたいと思います。

まず医療問題で、診療報酬の変更に伴い、高齢者や体の自由が利かない
人達が病院から追い出されるケースや、高額な費用負担ができずに
診療を受けられない事態になっています。

医療費の増大は、超高齢社会の日本では避けられない一方で、
国の財政が苦しいから支出を抑えたい気持ちも分かります。

でも今回改正された診療報酬の改定は、弱者をどこに向かわせる
つもりなのか、さっぱり分かりません。医療は誰もが受ける権利が
あると思います。財政支出を抑えたいのであれば、まず膨大な
世界第3位とも言われている軍事費を削りましょうよ。



厚生労働省や議員の周りには医療機関に通っている人はいないのですか。

あなた達は高額な医療費であろうと支払能力があるから
分からないでしょうけれど、仮に支払能力を超える額だと
想像して御覧なさい。どうしますか。病院に行くのを止めますか。

自分が車椅子に乗って、隣町まで通えますか?


ミサイルが飛んでくる未来の仮定の話より、今日の命の方が
大切だと思うのですが、如何でしょう。



20:50 投稿
2006年09月28日 | Comments(6) | Trackback(0) | つれづれ
コメント
ほんと、ほんと・・・
今まで、医療費というものをほとんど使うことなく生きてきましたが、昨年あたりから、あちらこちらにガタが・・・
今年は、一生懸命に領収書を保存し、確定申告時には医療費控除の手続きをしなくては・・・と初体験に向けてドキドキしています(笑)
これから更にガタガタになっていく我々一般庶民のこと、本当に真剣に考えてほしいなぁって、自分にガタが来て、つくづく思います。
政治家のみなさまも、ガタがこなきゃ実感してくれないんでしょうかね・・・
さっち URL 2006年09月28日 20:57:46 編集
さっちさんへ
え~~っ、今年からなんて羨ましい。
ウチはかれこれ何年も必死に集めては節税じゃ節税じゃ~と。
でもそんなに還付されないような気がします。

政治家のタフさ加減は半端じゃないから実感はどうでしょう。なんてったって、夜の料亭で夜な夜な密談している体力ったら、そりゃ凄いですよ。
チト話がそれました(失礼)。
誰しもが老いてゆく事からは逃げられないのですから
すべての国民に関する事として、真剣に取り組んでもらいたいですね。
motasuke URL 2006年09月28日 21:55:24 編集
ご訪問ありがとうございます
また息抜きに遊びに来てください
riki URL 2006年09月29日 13:05:34 編集
rikiさんへ
こんばんは。
わざわざお越し頂いて有難う御座います。
是非また遊びにおじゃましま~す。
motasuke URL 2006年10月01日 00:00:24 編集
政治家は、医療福祉問題を本気で考えるより、大量の札束を動かす軍事費を検討するほうが「カッコイイ」と思ってるんじゃないだろうか?と邪推してしまいますね。
やま URL 2006年10月01日 05:09:23 編集
やまさんへ
待った無しと言われている医療福祉ですが、本当にそう考えているのでしょうか。
アメリカに依存しすぎで、気が付いたら抜けられなくなっている軍備問題はまるでまるで麻薬か裏社会のようですね。
motasuke URL 2006年10月01日 22:25:24 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。