スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

差別

航空機によるテロが発生以前に発覚し、空港での大混乱を招いたイギリスであるが、この度行われた意識調査によると英国内ではイスラム教徒に対する取締りを強化するべきと考える人が半数以上で反対する人の割合に対してほぼ倍の数になる事が発表された。

非常に残念な事ではないだろうか。これをキッカケとして民族差別がエスカレートしない事を願う。
宗教・民族の違いで道行く人を疑いの目で見る事が日常的になりつつあるのは何とも悲しい限りであるが、こうした不信感が更なる軋轢を生む事は避けられないと思う。既に英国内のイスラム教徒に対しては以前よりも警官が職務質問をする行動が増えているし、そうした行動をイスラム教徒は嫌がっている報道も流れていた。

日本人とて、日本国内にいる外国人に対して偏見を持っていないかと聞かれればあるのは間違いない事であるし、幼女殺害事件後は多くの日本人が外国人に対して警戒心・不信感を抱いたに違いない。それが防衛本能に起因するかどうかは別にしても、常に公平な視点でいる事は難しい。

それでも不信感からは何もプラスなモノは発生しない。ほんの少しずつ他人に寛容になる気持ちが持てれば、違った結果にも繋がるのではないだろうか。
コメント
でもそうなれないから争いが無くならないんですよね。
寛容になるって難しいことなんでしょうね。
私だってひょっとしたら、傍をイスラムの人が通れば身構えてしまうかも。思い込みと偏見は人間を駄目にしてしまいます、お互いの信頼を失わせてしまいますね。
人は結局同じ過ちをしでかすんでしょうかね。
シュナまま URL 2006年08月18日 23:13:31 編集
難しいですね・・・
肌の色や民族だけでは結局何もわからないのに、なぜかそれを材料にしようとしてしまうんですよね。
多民族国家といわれるアメリカでさえ、田舎にいけば差別の嵐です。日本やイギリスのように、ほぼ単一民族で、しかも歴史の長い国なんかはホントに「違う種を受け入れる」ことが難しいように思います。
私はいま「差別される側」の人間なので、肌の色だけを基準に差別されることの辛さやくやしさ、少しは体験しています。誰もが「違いを受け入れる」ことは難しいけれど、教育によって改善できる点は多いと思います。とはいっても、教育程度の高い白人は、日本人に笑顔で丁寧に接するけれど、心の底ではやっぱりバカにしてるんですよね・・・やっぱり超えられない壁なのかなぁ。
大事なのは、現在差別されているのはイスラム教徒だけではないこと・・・単一民族の中でさえ、例えば女性や障害を抱えた人が差別されていること。つまり、差別というのは誰しもが持つ共通の問題であって、遠い外国で起こっている外国人同士の問題ではないんだという認識を持つことではないかと思います。
すみません、ちょっと長くなりました(笑)。日頃鬱屈している思いをぶつけちゃったかも・・・。
olive URL 2006年08月19日 05:02:43 編集
ほんとに難しいですね・・・・
昔、ある人がこんなことを言いました。
「あの世では、イエスさんも、マホメットさんも、ブッダさんも、孔子さんも、天照大神さんも、み~~~んな手ぇつないで、仲良ぉしたはるはずや」と。
確かに・・・と思いました。
こんな単純な考え方をみ~んなが持つ事できれば、ほんとに平和になるのに。
どうしてこうも人間は、物事を難しく考えるのでしょう。。。
賢くなりすぎたんでしょうかねぇ。
んで、以前、香港人、台湾人、そしてあたしの3人で話しをしていた所、フランス人に、「Hey, yellow three!」と呼ばれたんですよ。ムカッとしましたね、あの時は。そこの小娘達~みたいな、上から見下すようないい方をしやがるんです、そいつ。
全員、同じ会社の社員ですよ、その白人も。
「あたしらみんな、名前あるんじゃ!yellowなんて呼ぶな!」と言い返してやりましたけどね。
どうしてこんなしょ~もない優劣の意識が生じるんでしょうねぇ。。。
賢くなりすぎたんでしょうかねぇ。
さっち URL 2006年08月19日 06:26:41 編集
シュナままさんへ
同じ言語を使っていても言葉足らずで誤解を生んだりするのですから、ましてや違う言語で言わんとするところを正確に伝えるのは難しいですよね。
同じ言葉を発してもその時の態度とかも影響するし目つきもそうでしょう。こんな事を考えれば考えるほど真意が伝わる事が奇跡に思えてきます。
一度伝わった情報は思い込みという形で長く心に残りますし、偏見は相手を知らないという事からスタートの時点で穿った見方をしてしまいますね。
motasuke URL 2006年08月19日 19:29:29 編集
oliveさんへ
ええー?NYという人種のるつぼであるなら、多民族が普通の感覚として認識されていて差別は余りないものかと思っていましたが、心の底では…と感じる事があるのですね。
oliveさんの周りと言えばそれこそ仕事柄、高い教育を受けた人ばかりだと思いますけど今でもそうした感覚に出くわすなんて根が深い証拠でしょうか。
言った本人にその意識が無くても、言われた方が差別を受けたと感じればそれは紛れも無い差別です。
鬱屈している思いなんてしまい込んでちゃ駄目です。どうぞどんどん言っちゃって下さいな。
motasuke URL 2006年08月19日 19:39:59 編集
さっちさんへ
ほえぇ~、さっちさん、以前そんなに酷い事を言われたんですか。それも同じ会社の人に。そりゃ怒って当然ですよ。
優劣を決めたり順位を付けたりするのって人間の業なんでしょうか。(かと言って学校の運動会で順位を決めないのも何か変ですが)私も知らず知らずのうちに何かで勝っているとか思っている事があるかも。劣等感の方が圧倒的に多いんですけどね。
み~~~んな手ぇつないで、仲良ぉしたはるはずや
そうそう、こうでなくちゃ。単純って事はきっと純粋だからなれるんじゃない?
motasuke URL 2006年08月19日 19:53:12 編集

管理者だけに表示する
«« みちすじ | HOME | デンキブラン »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。