スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ブッシュ、お前もか

アメリカ合衆国大統領のブッシュ君が前大統領のビル・クリントン君に続き
セクハラ行為をしたと、話題騒然(?)

 事件は先日開催されたロシアサミットでドイツのメルケル首相
 の肩を後ろからいきなり揉んだというもの

前任者に続き、現職の大統領までもがセクハラとは、最早国民性か?
クリントン君は秘書だったが、ブッシュ君は一国の首相に対して
なのだから、事態はエスカレートしていると言える。

果たして今回の事件は法廷にまで持ち込まれるのだろうか。
まぁ、そりゃないだろうがね。


23:57 投稿



もともと、セクハラ行為というものは、行為を受け取る側がどの様に
解釈するかにかかっているのだから、本人がどう釈明しようとも
それは無関係であって、世論の批判の的となっている今回、どう
切り抜けていくのだろうか。

確かに一般社会において、女性社員の肩を揉んだら、セクハラと
言われても仕方あるまい。
スキンシップなどという言葉は、異性間では存在しないと思った
方が得策だ。
中東問題に頭を痛めて、つい他の事へのケアを怠ってしまったのかも知れない。

同じ行為をしても、不快に思われる人思われない人があるのは
ある意味とても厄介である。

今後の推移を今しばらく注目してみたい。興味本位だけどさ。
コメント
それってとても難しい問題だと思いますよ~。^^
ほんとにそう。
受ける側がどう感じるかによるのがこの問題の複雑なところです。
だって私も若い頃(今も若いけどさ^^)平気で身体を触れてくる先輩や後輩がいましたけど、(あ、でも肩とか腕とかそんなところですョ。)それが許せる人と許せない人(ごく稀にダメな人もいました^^;)といました。(笑)大体あまり問題ないところでしたらいくらか親愛の意味も入ってるし、そんなに嫌ではありませんでしたね。学生時代の若者でもその辺のエチケットはきちんと守っていらっしゃいました。アルバイト先で何気にお尻を撫でられたときは死ぬほど嫌悪しました。
触れられる場所によっても受ける印象が違ってくるし、こればかりははっきりと定義つけられませんよね。でも肩くらいで大騒ぎしなくてもと思います。一度「お止めになって」っと申し出てそれでも何度もしてくるようでしたら訴える、くらいでいいと思うんですけどね~・・・。
あ、こんな話だといくらでも書いちゃいますね・・・くらぴかとしたことが。ホホホ^^;
くらぴか URL 2006年07月30日 09:08:14 編集
笑ったよ
いやーそのままの話しに
久しぶりに笑いました
セクハラですか
本人はお猿(自分)が後ろから
ウキーってさわった程度に
思っていただろうね。

もう少し彼らしい分かり易い
箇所をタッチしておいたら
世界はもっと納得したのに
その後の記者会見で
私はテロと戦っているとか答えて
ついでに名誉毀損も混ぜてみるとかいう
工夫も欲しいな~
風 URL 2006年07月30日 22:10:27 編集
今でも若いくらぴかさんへ
お尻を触られたのがどんなバイトをしていたのか
なんてとても聞けないmotasukeです。

こう書いただけでもセクハラになるのですから
気をつけないといけませんね。
時期総裁選に名乗りをあげている人達にもこうした
感覚がある事を願っております。

今までは泣き寝入りをしていた例も多分にあると思います。
セクハラとパワーハラスメントの合わせ技が一番厄介かも知れないですね。
お止めになってなんて大いに笑わせて頂きましたが、
そうした言い回しもナカナカどうして
くらぴかさんでなければ、言えない言葉じゃないでしょうか。
変に誤解されたりして、「おぉ、そうか、そうか、良いではないか」なんてねv-391
motasuke URL 2006年07月30日 23:06:53 編集
風さんへ
ウキー!フォッホッホ。
お猿とは、言いえて妙。さすが風さん、鋭いです。鋭い洞察力。

どうやら私も感化されていたようで、
分かり易い柔らかいと自然に読んでました。
只今猛省中v-393

妙案が浮かびましたよ。
ブッシュさんのコメントとして、
「対外的にはテロと戦い、私の心の中ではエロと戦っている」
これじゃ風刺漫画ですね。
motasuke URL 2006年07月30日 23:16:24 編集
motasukeさんへ
コラコラ、^^どこかの悪代官みたいな言葉で締めくくらないでくださいよ~。
ところで聞いて聞いて!
私のバイト何だと思います?
ジーンズショップの売り子さんですよ~?
そんなところでお尻撫でます?
私とてもショックでしたよ。ああ、大人の世界ってこんなこともあるんだ~って。
若かったから(今も若いけどさっ^^)と~ってもショックでした。
そんなウブな頃もあったのさ。フフフ。^^
くらぴか URL 2006年07月30日 23:26:40 編集
そうなの?
どこみてもそういうニュースこちらにはないみたいだけれど、どちらでご覧になったのですか?

肩に手をまわしただけなら、よくあることだから、セクハラになるのかなぁ?掴むっていうところがびみょーかもね。

DUKEのGIGにアメリカ人女性が二人いたので、あなたはBUSHを支持しますか?と聞いたら一人はYES、一人はNOと応えた。YESの人に何故?ときいたら、「彼はクリスチャンだから」

こういう単細胞が多すぎるのよなぁ、あのお国は。

Lady E URL 2006年07月31日 03:20:01 編集
くらぴかさんへ
若い時の大きなショックがトラウマとなる事が多い事を考えると
その時に大声で「ギャーー」と叫んでいたら当事者を含め周囲の人が
反省したかもね。

その件があったからなのかどうかは、定かではありませんが、
何も無かったらウブなままの、くらぴかさんがもう少し長続きした?
大人の社会にはこんな事も(セクハラに限らず)あるのかと何時頃諦めるのかなぁ。
motasuke URL 2006年07月31日 06:20:39 編集
Lady E さんへ
この内容は http://www.sankei.co.jp/news/060729/kok090.htm
に載ってました。話題が無いかなぁとFC2のニュース欄を探していた時に見つけたんです。

背後からいきなりでは、誰でも驚くだろうけど
最初のサミットでのイキナリ洗礼を受けるオルメルト首相の
心中はそれこそ複雑だったろうな。

一国の首相である前に一人の女性としての思いもあり、
西側諸国の盟主に対する国の代表としての立場や新米首相の立場と
色々な価値観が同時に頭をよぎったのではないでしょうか。

大統領選の支持層を発表する時に毎回の様に
○○派の支持を得…なんていうのが出ているけど
クリスチャンだからというのも、これまたすごい理由だこと。
motasuke URL 2006年07月31日 06:37:56 編集
なるほどね!ライス長官にもやってるのかしらね、こういうこと。

このニュース記事の下の一覧の、「食事がまずい!中国の工場勤務者暴動!」というのが目に留まりました。あはは!
Lady E URL 2006年07月31日 17:36:47 編集
Lady Eさんへ
ライスさんにはさすがになさそうだけど、手癖は本人無意識だからどうなんでしょう?

コメント中のメルケル首相が何故かオルメルト首相になってました。
お詫びして訂正致します。

食事が不味いから暴動って、何だか強制収容所みたいね。
共産国ではそんな事ないと、言い切れないから怖いです。
motasuke URL 2006年07月31日 19:44:42 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。