スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ER11

なんやかんやで、このところ全然見る事が出来なかった『ER』を久々に見た。するとどうした事か、雰囲気ではカーターの上司にスーザンがなっているような展開だけど、どうなってんだい?

カーターの熱血ぶりがウィーバーをはじめとするカウンティの上層部に受けが悪いのかな。

今夜の話は「新薬」にまつわる話で、新薬開発を巡る人々の関わりが
それぞれに展開されていたけど、

以下ネタバレもあるので続きはご注意を





相変わらずウィーバーは体制側の模範生のように、新薬の扱いを巡って
カーターをギュウギュウ締め上げてる。
新薬は臨床例をたくさん採りながらそのデータを基に更なる開発が行われるものなんだろうけれど、悪い結果が出た場合でも公表が余りなされないという不透明さに嫌気が差すカーター。

ネットで新薬投与による影響を調べるが為に医療機関のスポンサーともいうべき製薬会社からカウンティが圧力を受ける結果を招いてしまう。現場で患者やその家族の苦しみを診ているカーターには、そうした犠牲の上に成り立つシステムがとても歯痒く感じてしまう。

こうした場面のウィバーには、本当にカチンと私もなる。援助金がもらえるならば患者がどうなろうとも、大きな目的の為には小さな犠牲を厭わない姿勢が必ずある。
でも少し違うように思う。臨床結果を採らなければ研究が進まないのは分かるが、悪い結果が出た場合には投与を中止し、改良されるまでは投与しないという方法は採れないのだろうか。ましてや今回の新薬の場合には悪い症例が複数出ているのだから、その時点で新薬投与に一線を引くよう指示するのが本筋だと思うのだが。

悪い結果に目をつぶるのは、巨額の資金援助をする製薬会社の御機嫌取りでしかない。多くの患者を救う為に少しの犠牲は止むを得ないという論法を展開するのには、はなはだ無理がある。実験体が自分であったなら投与をつづけるだろうか。そうはするまい。医療発展の為という免罪符をかざした、今で言う拝金主義だと言ったら言い過ぎだろうか。

今回の話の中でのカーターの憤りを見ていると、カーターまでもが『ER』から出て行ってしまう日が近づいているように感じた。そうなると初期の頃からの出演者で残っているのはヘレエ、スーザン、ウィーバーって事になるのかね。でも『Ⅰ』から出ている人はいないのかな?

これだけ記憶が曖昧になってくると、もう一回見直さないと駄目かもね。
お願いだからカーター先生、辞めないでくれ~。



23:56 投稿
2006年06月19日 | Comments(10) | Trackback(0) | つれづれ
コメント
ERって11なんですか?
話題にまったくついていっておらず、すみません。ERってもう11まであるんですか?少し前にこちらのテレビでたまたま見たときに、登場人物のほとんどがわからず、カーター君がちょっと偉くなってる気はしましたが、それってもうかなり時は流れてるってことなんでしょうか?ちょっと浦島太郎の気分です。
確かに、もう一度最初からちゃんと見直さないとダメかもしれません(笑)。
olive URL 2006年06月20日 02:21:38 編集
oliveさんへ
ええ、そうなんです。もう11迄日本でも放送されていますよ。
しっかり浦島花子さんになっていますね^^)
まだアンスポーが部長をやっているんでしょうか。復習しないと記憶がどんどん薄れていくものだという事を実感しました。
motasuke URL 2006年06月20日 09:24:40 編集
面白いですか?
ER,やはり面白いのですね・・・
私は今LOSTにはまっておりますが、終わったら借りてこようかしら・・・うわさは聞いていますので。こういう楽しく英語に触れるのが大好きです。リスニングの教材とかは嫌いです・・・(をい)
きょうか URL 2006年06月20日 09:39:08 編集
私もER好きでしたよ。
でも長いのでとうとう見なくなってしまいました。今でもmotasukeさんみたいにたまに見たりします。(笑)LOSTも面白いですね。
でもドラマはずっと続いているので、どうしてもところどころとばしてしまいます。面白いんですけどね~。
くらぴか URL 2006年06月20日 09:58:43 編集
きょうかさんへ
ははは、教材は嫌いですか?

気持ちも徐々に切り替えていらっしゃるご様子で何よりです。仕事でバタバタしておりましたので、後程腰を据えてお邪魔致します~。

LOSTって「24」を超えた全米視聴率ドラマとなってますが、まだ「24」も見ていないので、どちらから見ればいいのか迷いますね。
リスニングという点からは、内容の分かる番組がいいのでしょうね。ERは医療専門用語が多いので、その部分はチンプン・カンプンです。あ、それ以外の部分もダメだったv-406
motasuke URL 2006年06月20日 10:08:38 編集
くらぴかさんへ
すごい、映画を見ていると思ったら、海外ドラマまで見ているのね。
恐るべし、くらぴか姉さんお嬢。

既婚者との熱愛に感情移入されているようですが、
娘さんの担任は…独身でしたかね?v-397
motasuke URL 2006年06月20日 10:15:32 編集
何を仰るモタスケさん!
私は既婚者の熱愛に感情移入だなんて。
私は全ての熱愛に感情移入できるんです。(笑)
え?数学の先生?
わはは。私は現実はお堅い主婦なんですよ~。ウソみたいでしょ。本当です。
ところでドラマも見ますよ。凄い?暇人だと思われたら癪だからちょっと家事してきます。では~。v-29
くらぴか URL 2006年06月20日 10:37:23 編集
まぁ、まぁ
そうムキにならずとも、近頃そういう傾向があるってだけでv-217誰もいけませんなんて野暮な事は言わないですから、どうぞ、どうぞ。
堅い人程ねぇ……走り出したら♪もう、どうにも止まらない♪

ほんじゃ、アッシは被写体探しの散歩にでも出かけましょうかね。
motasuke URL 2006年06月20日 11:07:06 編集
残念ながら、カーター こと noah wyle は、11シリーズで降板しております・・・
ウィーバー、リジー、ジン・メイ も、今の11が最後でございます・・・
更にショックなことに、スーザン こと Sherry Stringfield も
次シーズンでの降板が決定してます。
(アメリカの方から直接聞きました・・・)

私は吹き替えがいやで、TVでは見てないけれど
1stから継続してずっと出ているのは 11シリーズ現在だと
カーター、ヘレエ、リディア、マリク、コニー、チュニー、あたりでしょうかね。
看護士チームは意外と降板がありません。
(回によって出たり出なかったりはしますが、シーズンのどこかに必ず出てます)
デスクのジェリーは途中、2シーズンほど出てませんし、ランディも途中からですし
外科のヒックス先生など1stから出てますが、最近あんまり見かけないかな。
あ、名前ど忘れですけど民生委員の女性(途中から車椅子)も
地味にずっと出ているかもしれないです。
はー URL 2006年06月21日 01:42:39 編集
はーさんへ
え~?やはりそうなんですか?久し振りに見たのですが
ああも真っ向から対立してしまっては身の振り方も考えないと…
と思ったものですから。

スーザンは知らぬ間に、美しさが戻ってきたようでしたが
そうですか、決定しているのですね。
となるとメインキャラクターはアンスポーで管理職にスポットを当てた
病院のインサイドストーリーになるんですね、ってそれは在りえませんよね。
目力のあるコバッチュ先生が奉仕の精神でカウンティーが
どんどん野戦病院化していく展開が見えてきました。
極めつけは、ヘレエ達看護士から見るERでしょうか。

何処へ向かうのかER。そろそろ終焉が近いのかもしれませんね。
motasuke URL 2006年06月21日 05:40:35 編集

管理者だけに表示する
«« ガクッ! | HOME | ネーミング »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。