スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ピアノだ!

第47回「楽器がひとつ弾けるようになるなら?」

piano.jpg

弾けるようになるなら、でなくても楽器全般を考えてもピアノだな。
そんな事を想うmotasukeです。皆様如何お過ごしでしょうか。

しばらくトラックバックテーマが更新されないと思っていたら
この処、怒涛の新規テーマ出題だよね。

さて、ピアノに話を戻すと、ウチにはアップライトのピアノがある
それを長女(中学一年)と妻(○○才)が弾いている。

彼女達の練習する時間と私の家にいる時間は殆ど合わないので
そうそう練習している姿を見る事は無いし、発表会も仕事の関係で
嘗て一度も見に行った事が無いんだよね。

でも密かに…、いや公言しているから密かじゃないけど、自分でも
ピアノが弾けたらと思っているのさ。

だってね、オジサンでピアノが巧く弾けたら
ちょっとカッコ良くない?

そう、カッコ良く見えるだろうから、憧れるんだ
   ちょっと動機は不純かも知れないけれど
   誰に見せたいとか、そんなんじゃなくて
   さり気なく曲が弾けたらなぁ~っていうイメージなんだ

あれ?でもそう思いながら、もう何年過ぎているんだろう
う~ん、左手の骨折もまだ完治してないし、こうして思い描くだけで
また時だけが過ぎていきそう。

あちゃ~、こういうのを書き逃げって言うんだろうね。



19:27 投稿
2006年06月06日 | Comments(12) | Trackback(0) | つれづれ
コメント
♪ もしも~
♪ ピアノが~弾け~たなら~
・・・という西田敏行さんの歌が好きです。
なぜなら、西田氏はちょっと父親に似てるんですよね(笑)

多聞に漏れず、私もピアノは習ってましたけど、
聞くのは好きですが、弾くのは嫌いでした。
だって、クラスのほとんどの子が習っていて、みんな弾けるんだもん。
( のっけからすみません )
「 みんなが弾ける楽器習っても意味ない! 」 なんて、当時の私は思ってたんですよね。
天邪鬼は昔からのようで。
だもんで、10年近く習ったけど毎回全く練習せず。
今ではきっと「エリーゼのために」さえも弾けないでしょう。

私の尊敬している方の旦那様で、
お嬢さんが生まれたのをきっかけに 「 娘をピアノを連弾したい! 」 と
ピアノを習い始めた方がいらっしゃいます。
そのお嬢さんも今では小学生。
発表会では、お父さんと一緒に連弾しているそうです。
そういうのって、素敵ですよね ☆彡

我が家はどちらかというと音楽一家だったので
( 父親が トランペット、sax、トロンボーン等を嗜んでまして・・・ )
スポーツができるお父さんに憧れたものです。
ないものねだりなのかな?

それにしても、steinway は何であんなに高いんですかね・・・
はー URL 2006年06月07日 00:23:07 編集
そうですね。本当にカッコいいです。v-238
上手く弾けなくても一生懸命な姿にじんときちゃいますよ。ぜひ頑張ってやってみてください!
もちろん、お手手が治ってからね。v-415
くらぴか URL 2006年06月07日 00:58:09 編集
はーさんへ
steinwayを置いてあるホールが隣町にあるそうでして
何でも次に行われる発表会はそこを借りるそうです。
田舎町になんであるのかというと、前の町長さんが音楽好きで
多額の費用をかけてホールから作ってしまったとか。
まぁそれが元で次の選挙で落選してしまったそうですがv-409

そのお陰で猫に小判となったわけで
妻は何やらワクワクしている様子です。漁夫の利ってヤツですね。
motasuke URL 2006年06月07日 05:30:12 編集
くらぴかさんへ
やっぱり頑張らないといけないんでしょうねぇ
普通は頑張らないとねぇ(妙に及び腰)。
素敵な先生でもいればねぇ…ってそれじゃ全然カッコ良くないか。
Shall we dance?じゃないけれど、「そんな人は来ないで下さい!」だね。
motasuke URL 2006年06月07日 05:37:57 編集
motasukeさん・・・
私のお父さんは、指が太いため、(というか、体からして丸いけども。。)一つの鍵盤をおしてても二つの鍵盤を押してしまってて、二つの音を出すんですよ~。。(別に弾けるわけではないのね。)
お父さんがオイアノ弾くのって、たしかになんか素敵ですね!!
しずく URL 2006年06月07日 11:39:22 編集
しずくさんへ
今の私も親指だけ通常の3割り増しくらい太くなっているので
怪我が完治するまでは無理かなぁ、いや~それじゃぁ仕方が無いなぁ~。
練習したくてもできないなぁ、いや、本当に残念v-391

しずくさんの父上はゴッツイ指ですね。
うん、「お父さんの指」ってまさにそんなイメージですよね。
私のはちょっと弱弱しい感じです。
motasuke URL 2006年06月07日 18:13:47 編集
ピアノ・・・いいですね
昔々、子供の頃ピアノ習ってました・・・が、
当時は練習が嫌で嫌で 先生に怒られる→よけいに嫌いになる
の悪循環で中学になったらさっさと辞めました。
だけど音楽が嫌いなわけではないので(部活は吹奏楽だったし)
機会があれば いつかはエレピでも買うぞ
と思いつつ、なかなか実行に移せてません。
実家のピアノはもう長い間調律もしてないから
使い物にならないだろうしなぁ・・・
MARI URL 2006年06月07日 18:50:34 編集
MARIさんへ
あれれ、MARIさんもピアノを習っていたのですか。
ウチの長女も4月から中学で吹奏楽部に入ったんですよ。
素人考えなんですけど、ピアノやってて部活では違う楽器ってどうなの?と妻に尋ねたら、
「ピアノばっかりやってて、音大行きたいって言われても困るでしょ」ですって。
確かに一理あります、はい。

今ウチにあるピアノも妻の実家に暫く置きっぱなしにされていたものですが、調律もなんとかなったから、MARIさんのも大丈夫かもしれませんよv-410
motasuke URL 2006年06月07日 20:33:59 編集
正確に言うと 中学になっても半年ぐらいはピアノ続けてたんですよ。
部活での楽器がいい息抜きみたいになって
それ以前よりは「ちゃんと練習しないとなぁ」
みたいな気になってたし。でも時間的にそこまで頑張れるほど
ピアノに対して情熱なかったので 結局やめちゃいましたが
同じ部活の友人たちの中には 両立してる人も多かったですよ。

後になって「ジャズピアノ」の存在を知った時に
あー、それをしてたら続けたかったかも!
と思いましたが 結局いまだに実行できてません(笑)
MARI URL 2006年06月08日 12:44:35 編集
軽い気持ちで
ジャスピアノの弾き方はこれまた、全然違いますよね。あの指をクイッ、クイッて引き方はクラシックでは見たことがないです。
肩の力を抜いて、気楽にピアノに向かえばまた弾けるようになるかもしれませんね。音楽もまた生活に色を添えてくれますからね。
ホラ、再開しましょv-410
motasuke URL 2006年06月09日 08:41:40 編集
それは私です(笑)
はい!!はい!!!!
小学校の時から フルートは習ってはいましたが、
中学で吹奏楽部に入部し 部活では違う楽器を・・・と思ったけど
( 父親の影響で、吹奏楽では sax がやりたかったのです。一応吹けますけど )
有無を言わさずフルートパート ( 兼、ピッコロ )へ配属、
ますます フルート一辺倒になり こう見えてもかなり頑張っていたので
高校受験時に フルートの先生に音大附属の受験を薦められましたが
あの高額な授業料はまさに貧乏な我が家にとっては経済制裁、
また音大附の試験では楽器を二つできなくてはいけなかったので
( 副科といって、管弦楽専攻の場合はピアノがほとんどです )
10年以上蓄積されたピアノ嫌いがネックになり、
ピアノの先生( この方自体が某音大の元教授だった ) に相談したら苦笑いされ、
音大附受験を諦めたのが、まさに私でございます (苦笑)

でも、今考えたら それを本業としてしまうとやっぱり大変だし
趣味と生きがいに留めておいてよかったなとは思います。

ジャズは弾き方は全く違いますが、
クラシックをある程度マスターしてないと弾けないんですよね、技術的に。
やっぱり何事も、基礎ありきなんでしょうね。

男性ジャズピアニストの日本の第一人者で思い浮かぶのは、
言うまでもなく山下洋輔さん、菊池雅章さんあたりかな。
最近は、女性のジャズピアニストが多いですが、おじさまピアニストは渋くて素敵です!
でもやっぱり、個人的には ピーターソンが神様かしら。
はー URL 2006年06月11日 02:35:01 編集
トランペット吹いてました
お恥ずかしながら小生、小学校はトランペットを吹いていましたが
中学入学と同時にサッカーへとそれはそれは方向転換もいいところでした。
正直なところ、中学のミッチリやっていそうな雰囲気に怖気づいただけだった様な気がしますので、早々に音楽から脱落したものにとっては音大付属の受験をしようかという人は既に雲上人ですよ。

ウチのお客様でも、それまでは外車のチューニングカーを乗っていた人が娘さんの音大入学と同時に国産軽自動車に乗り換えた人がいます。
聞いたら研修旅行と言っては海外へ行き、高名な音楽家にちょっと指導してもらうだけでウン十万だったような…。もう開いた口が塞がりません。
そんな事してたら、芸術も富裕層にしか手の届かないモノになってしまいますよ。こんな世界も拝金主義ですか?勿論そんな事をしなくても才能のある人は開花するのでしょうけれど、そのハードルを越えられなかったばっかりに才能の芽を摘んでしまった人が数知れないほどいる気がするのは的外れでしょうか。

何事も基礎が大切なのは共通ですね。ピーターソンさんて存じ上げないので、調べてみますね。
motasuke URL 2006年06月11日 20:29:08 編集

管理者だけに表示する
«« ガザニア | HOME | ミルクチョコ »»

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。