スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

バラどうぞ



せっかくの休日も天気が悪いと写真を撮りに出掛けるのも
今ひとつ気乗りがしませんが、皆様如何お過ごしでしょうか?

motasukeです。

そんな今日は前に撮ったバラでも如何でしょう?
最近のカスミソウはちっとも霞んでいないので、ひっそりと言うより
かなり主張しているかのよう。

でもカスミソウだけではやはりまだちょっと心もとないので、
配色的には他の色を入れたほうが、部屋には合った様子でした。
最近の品種改良によるものなのか、大粒になっていません?
でも、ボカシテ撮れば、イメージは雪のはず、そう予定ではね!

でも今回はバラがメインですよ。あくまでも。
真っ赤なバラですとかなり勝気な女性のイメージで、
更に深紅のバラはちょっと人妻専科って感じでかなりヤバ目。
一筋縄ではいかない、手強さがありますね。
でもこの色のバラはとてもセクシーに見えます。

おっさんですから、当然花言葉なんて知りませんので
万が一深紅のバラがとっても素敵な花言葉だったら、全国の花屋さん
に人妻専科とは何たることか!なんて苦情が来ても平謝りです。

人間は環境に左右されるんで、今のBGMがオペラのCDっていうのも
イメージがここまで勝手に一人歩きしている原因かもしれません。



オペラってもう少し金額が下がれば、観に行ってみたいなぁなんて
時々思ったりするんですよね。
今は『蝶々夫人』がかかってます。おお!これには聞き覚えがある!
この後、三大テノールのパバロッティがかかるけど、そう、この人
     
top03.jpg

オペラ歌手もそうだけど声楽家の声って、表情があると思いません?
声量もとんでもなくあって、人ってここまで声が出るんだなんて
感動しちゃいます。広い舞台で多くの観客に聴かせる魅力って
天が授けた素晴らしい才能だなぁって、間近に聴いてもいないのに
思ってしまうんだな。

昨日だったか、北野武監督がイタリアの何とかっていう賞をもらった
時のコメントで、

  芸術活動を行えるのも、そうした状況にいられるおかげだ

という内容の事を言っていたけど、成る程なぁと思いましたよ。
貧困や苦悩の中から生まれる芸術というものも勿論あるけど、
それらを鑑賞して感動したりする受け手側というのは、見聞きする
時間や心のゆとり等が最低限のレベルでは持っていないと
なかなか身を入れて味わう事が出来ないかもね。

何だかんだ言っても、今こうした現状でいられる事に感謝しながら
思うことは、やっぱり芸術って素晴らしい これだね。


11:43 投稿
2006年05月16日 | Comments(8) | Trackback(0) | フト思う
コメント
薔薇!!
私の一番好きな花、それが薔薇です。
・・・・・・ 人並みというか、珍しくも何ともないですけど。

個人的には、真っ赤な薔薇にはやはり永遠の憧れはあるけれど
私はまだ、真っ赤な薔薇には不相応。人間として、女性としてね。

一番好きなのは、やっぱり ピンクの薔薇 です。
ここは、ピンク大好き同盟としては 譲れません!!
薔薇って華やかなイメージが強いと思うんですけど、
黄色、オレンジ、ラベンダー、白・・・・色によって印象が変わりますよね。
花言葉も違いますし。
人にプレゼントするのも、薔薇がやっぱり多いな~。

他に好きなのは、カサブランカ、ガーベラ など。
和花では、椿、シャクヤク、花梨などが好きです。
自分がガサツで女らしくないので、正反対の、凛とした強さを持ちつつも
女性らしいお花への憧れが強いのかも。

カサブランカは実家にいつも生けてありました。
( 何の取り得のない母ですが、生け花だけはお免状持ちなので )
ただ、妹が百合花粉が苦手みたいで・・・

お花が大好きなのは、母譲りです。
( 彼女は今、シクラメンの栽培に命を賭けています )
だけど、私が扱うと お花の寿命が短く、また上手にアレンジメントできない・・・
お花とも相性ってあるらしいのだけど、相性悪いのかしら・・・・

そんな私の誕生花は、シンビジウム。
・・・・・・・じ、地味すぎる・・・
はー URL 2006年05月17日 03:20:38 編集
motasukeさんへ
カスミソウも大好きですが、こうやってカスミソウの中で美しく輝いている真紅の薔薇って、いつもの自己顕示欲の強そうなイメージとは全然違ってとても控えめな感じで素敵です。こんな風に美しい人っていますよね。ああ、永遠の憧れです。v-398

芸術鑑賞か~。
いいですね。
私も大好きです。
ああ、でも最近触れてないな・・・。
ちょっと待っててね・・・。
ということで、今私は早速リムスキー・コルサコフの「シェエラザード」第三楽章、”若い王子と王女”をかけました。
う~ん、ここにコーヒーがあればもう言うことないですな~。
くらぴか URL 2006年05月17日 11:20:59 編集
あぁ私には縁のない芸術だぁぁ
花は育てるより見るほう・・・
音楽はクラッシックよりクイーン
コーヒーより紅茶
ラブストーリーよかCSI・・・
熟女には程遠いですな・・・
シュナまま URL 2006年05月17日 17:28:04 編集
綺麗ですねぇ、薔薇。
いろっぽぉぉい....
わたしみたい(^^???)
咲き加減が、絶妙。
わたしはよく薔薇園に行ったりしますが、
写真撮ろうと思うと、
ひらきすぎだったりカタチ微妙にわるかったりで、整ったのって意外とすくない....
ちなみにカスミ草も大好きです。
猫が食っちゃうんですが....^^;

Umi URL 2006年05月17日 19:12:01 編集
はーさんへ
誕生花って、誕生石と同じでひと月に一つかと思ったら
毎日それぞれにあるんですね。おっどろいたぁ。
シンビジウムの花言葉は「飾らない心」となっていました。
おお、これって、はーさんに合っていると思うんですけどダメですか?
花そのものも、地味というより可愛い花だと思いますけど…
なかなか難しい問題ですね。

motasuke URL 2006年05月18日 00:16:53 編集
くらぴかさんへ
花も人も単独よりも、相乗効果でお互いの魅力が出るといいですね。

成る程、「若い先生と主婦」ですねv-217
妃の浮気に絶望して、凶行に出る王という背景には
調べてみて唖然としてしまいました。

どうか先走らないで下さいね。
気を落ち着けるのに、コーヒーどうぞv-273
motasuke URL 2006年05月18日 00:33:18 編集
シュナままさんへ
おりょ?クイーン党でしたか。
それに紅茶とくれば英国親善大使になれます。
映画は韓流じゃなくて、007ですね。
女王様の国だから、ホラ、塾女ですよ。バッチリです。
motasuke URL 2006年05月18日 00:42:31 編集
Umiさんへ
はい、Umiさんみたいですv-402
花ってそうですよね。いいなと思って撮ったのを後で見たら
案外見頃の状態になっているのが少ないですよね。
大きな画面で見るとそれまで見えなかったものも見えてくるし…

カスミ草って猫にとって薬草なんですかね、食べちゃうなんて。
motasuke URL 2006年05月18日 00:51:40 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。