スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

阪神電鉄

motasukeです。阪神電鉄の筆頭株主である村上ファンドが、現阪神電鉄役員の半数にあたる9人を刷新しようとする動きに対して、現社長専務でしたが納得できない旨のコメントを出した。

 今回の動きで投資目的から経営に乗り出す動き…
 到底受け入れられないと

ちょっと頭悪過ぎじゃないの?なんて言ったら元も子もないけど、株式を公開する事ってこういう事は起こりえる訳で、それなら資金調達を株式公開という手段にでなければいいだけでしょうに。そんな事はライブドアとニッポン放送でやった事で誰もが改めて肝に銘じた事じゃないのでしょうかね。

自分の会社には当てはまらない、思い当たらないでは危機管理が出来ていないのだから、取締役は退任した方がよくないの?株式を購入してくれるだけの株主は歓迎だけど、物申す株主はいらないという理屈は当てはまらないでしょう。

阪急ホールディングスはお金だけ出して何もしてこないと本当に思っている訳でもなかろうに。
筆頭株主の行動が意に沿わないなら、それを押さえ込むだけの材料や経営方針を出せばいいでしょ。従来のままでよし、ではいずれ衰退しますよ。

本気で続けていく気概が無いから、こちらは嫌で、あちらに身を委ねようって結局そんな事だから役員の刷新という必要性を認識されるのではないのでしょうか。

本気じゃないなら、早く辞めてしまいなさい。これから先の道を切り開いて行くのではなく、他人が作った道の中から選ぶ事しか出来ないのなら、企業規模じゃなくても役員は無理でしょ。

あー何か嫌なニュースを見てしまった。


21:53 投稿
3日 10:47 訂正
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。