スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

福知山線脱線事故から一年

お早うございます、motasukeです。
JR福知山線の脱線事故からもう一年が経ちました。
人の英知とは過去から学ぶ事であると思います。

奇しくも昨日JR東日本の山手線でレールが隆起し、
運転を見合わせて30万人以上の乗客に影響が出て、終日ダイヤが乱れる事故がありました。

今回はさほど大事には至らなかったのが不幸中の幸いですが
レールが50ミリ以上もその下で行われていた工事によって
隆起していたのですから、一歩間違えれば大惨事です。

人の記憶は月日が経つと共に風化してゆくものです。
辛い記憶は薄れてゆく方が当事者にとっては精神的負担が減るので
決して悪い事ではありません。

しかし人の命を預かる任に携わる人々や機関に関しては決して
風化や薄らいでもらってはならない事です。

福知山線の事故から立ち直れない人、事故によってその時から
心に負った傷に苦しむ人がいる事を忘れてはならない。

そんな事を知らせる為に見えざる力が働いたかもしれない昨日の事故
安全とは、人命とは何かを再確認する機会が与えられたのかも知れない。


6:32 投稿
コメント
おはようございます
リンクわたしも貼らせて頂きますね

あの事故で友達のお子さんが亡くなりました。悲しい事です。息子と同じ年なんですよね。まだまだいろんな事の出来る年なのに・・・思っても思っても悔しさがこみ上げてきます。
ほんとにもう二度とないよう心して業務を行ってほしいです。
シュナまま URL 2006年04月25日 08:20:31 編集
あの事故はどうして起きたんだろうかと今でも理解に苦しむ部分がたくさんあります。
過密ダイヤの件はもちろんあるでしょうが、なんだかすっきりしないです。
大事故というのはあらゆる要因が重なって起きるものなんでしょうね。
今の世の中何もかもが急ぎすぎ。もう少しゆっくりと進まないかな。のんびりというより、慎重と余裕がほしい。もちろんのんびりできたらいうことないけど。
ああ、私が若かった頃、こんな事故もありましたよ。
中学生が忘れ物したとかで家に戻る際踏切が遠かったので踏み切りを渡らず、そのまま線路を越えようとしたんです。で、目の前の電車が通過したと同時に飛び出したら反対側の方向からきていた電車にはねられてしまったんです。手前の電車ばかりに気を取られていた事、忘れ物をとりに戻るために精神的に余裕がなくなって注意を怠ってしまったのでしょう。
なんでもそうですが、事故の大半はこの余裕のなさにあるように思います。
今回の山手線の件、気を引き締めるためのきっかけとなればいいですね。
くらぴか URL 2006年04月25日 08:52:14 編集
シュナままさんへ
そうだったんですか。遺族の方の悲しみは癒える事などないのでしょうね。どれだけ月日が経とうとも。
亡くなられた方の安らかな眠りと遺された人に笑顔が戻ることを祈るばかりです。

リンクの件、恐れ入ります。
motasuke URL 2006年04月25日 08:59:43 編集
くらぴかさんへ
私も時々気持ちにゆとりが無くなって態度に出てしまう事があります。人間は感情で大きく左右されてしまう本来弱い生き物なんじゃないでしょうか。
心穏やかに日々を暮らすことが出来たなら、何か違う未来をも導き出せる気がします。
僅かな気持ちの焦りが予想もしない結果を招く事があるのですから、我が子をいつも載せている心持で、更に数え切れない程の多くの人生を預かっている事を忘れずに居てもらいたいものです。
motasuke URL 2006年04月25日 09:13:47 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。