スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

小学校の英語学習

先日中教審で小学校5年生からの英語教育、つまり5年生から
英語の授業を始めるという提案がなされた。

日本の国際化を受け、これからに必要な事と位置づけている訳だが
英語の授業を行うという事は物理的に授業事間時間が増えるか、
他の科目の時間が減るかのどちらかになる事は間違いない。

しかし、その前に、日本語つまり国語の時間を増やした方が
得策ではないかと思う。算数・理科・社会、どれをとっても基本は
国語である。問題や表現されている主旨も国語力が無いと理解できない
のだから、重要視するのは国語力であろう。

我が家の子供達も国語力が他の教科に対して少々悪い。
家庭で教えれば済むレベルではあるが、国策として考えても
国語力を基本とする考えは大切にしてもらいたい。

国語ができないのに、英語を学んでも中途半端になる事は明白ではないだろうか。

8:40 一部訂正しました
2006年03月30日 | Comments(5) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント
言葉の学習
国語がきちんとできていないと、ほかの言語をやってもダメだと思います。その一方、categorical hearingというコグニティブ能力があって、これは6歳ぐらいまでにある言語の母音だの子音だのを聞かせておかないと、その後からの習得は無理というのもある。兼ね合いがむずかしいですよね。

英語なんて早く始めておいたほうがいい気もするしなぁ・・。漢字もやらないといけないし。また子供たちの負担が増えるだけだとかわいそうっ!
Lady Ellington URL 2006年03月31日 02:49:28 編集
Lady Ellington さんへ
categorical hearingというコグニティブ能力があってあ、それで幼児向けのディ○ニーの英語教材なんかがあるんですね。
先日、高校時代の友人が60万円も出して買ったそうです。恐ろしい
くらい高価。

漢字は練習すれば覚えられると思うんですが、読解力や表現力って
また違う国語力じゃないでしょうか。自分も上手く表現できなくて
まどろっこしく思う事がよくありますv-409小学校くらいならまだ負担
っていう程の事もないと思うのは認識が甘いんでしょうか?
motasuke URL 2006年03月31日 23:39:15 編集
くらぴかさんへ
ご、ごめんなさい~。
一生の不覚。自分のコメントを訂正しようとして、くらぴかさんから頂いたコメントを削除してしまいました。
本当に間抜けな話ですが、二度としませんので、赦して下さいv-436
motasuke URL 2006年03月31日 23:47:10 編集
ゆるさ~~~ん!!(怒)ってね。
いいですよ。v-290
気にしないでください。
ああ、今夜は冷えますね。
コタツは昨日から故障しているし・・・ううっ、寒いです。
さあそろそろ寝ましょうか。
おやすみなさい。いい夢をv-352v-280
くらぴか URL 2006年04月01日 01:10:05 編集
お許しを頂いたのでホッとしています。
でも気温はホットでなくて、冷え冷えしてますね。
お陰で桜が長く見られそうです。
でも朝晩の冷え込みは体に悪いので、
昼間と気温の変化が無ければ最高なんですけどね。
motasuke URL 2006年04月01日 19:35:10 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。