スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ファイル交換ソフト Winny

P to P ファイル交換ソフトのWinnyによる情報漏洩事件が多いねぇ。
終いには警察では宣誓書まで書かせる羽目にまでなってるよ。自衛隊
の機密情報(レベルがどの程度かは分かりませんが)まで漏れてるし

ここでモラルとか何とかを言うつもりは無いんですけど、これからの
日本で一番のエリートコースっていうのは、警視庁、警察庁を含め
たところのラインじゃないのかな。

通信傍受ができたり、犯罪者の記録を集約・管理できたりと、権力が
どんどん集中・肥大化してますよ。

つまりはここが日本の良く言えば中枢、悪く言うとアキレス腱になる
訳で、地方分権や権限委譲の流れとは全く逆の現象がここにはある。

まさか、まさかその組織の中枢部にはこんなファイル交換ソフトが
インストールされている端末が繋がっているとは思えないが、情報
を一元管理しようとするなら、当然オンライン状態になる場面はある
んだろうなぁ。

これまでも数回に渡り、Winnyに関して注意を促してきていて尚この
状態では、誓約書だか宣誓書だか知らないけど、そんなモン書いた
ところで全関係者がファイル交換ソフトをアンインストールするとは
到底思えないし。

人間、魔がさすって事を考えると、危機管理って難しいね。専門家
は私が考えるくらいの事よりも遥かに高度なセキュリティを考えて
いるんだろうけど、そんな事は国民は全然知らないしね。

一度、その安全性を検証する為に、警視庁でも防衛庁でもいいけど、
ハッキングのコンテストでもオープンに開催したらどうでしょう。
それで安全性が確認できれば安心だね。もしかして簡単に破られて
しまったりして?おぉ怖い。
2006年03月14日 | Comments(6) | Trackback(0) | フト思う
コメント
私物のパソコン使ってるのですね
それを聞いてびっくりしてしまいました。
パソコンのHDDも取り外してファイルは全てサーバーに入れるようにしなければ、こんな事は無くならないでしょうか?
幸い私は会社のパソコンを家に持って帰って仕事すること有りませんから大丈夫!
こてやま君 URL 2006年03月14日 20:27:41 編集
こてやま君へ
以前の事ですが、アメリカ軍でパソコンを何万台って発注が出たと記憶してますが、日本はまだ個人頼みなのでしょうね。
サーバーに接続するのもまた危険だったりとか?でも記憶装置ごと持ち歩きしているより数段安全ですね。
仕事を持ち帰らないのは、良い事です。会社の為にも自分の為にも家族の為にも。
motasuke URL 2006年03月14日 23:08:36 編集
それはとても面白い案ですね。
ハッキングのコンテスト、ぜひやってみてほしいな。
ゲームみたいで面白いです。(笑)
くらぴか URL 2006年03月15日 00:27:33 編集
くらぴかさんへ
実際にですね、街お越しの一環として地方の街でやったらどうだ、と結構SEの人に話した事がありました。
ね、考えは面白いですよね、良かった、面白いと考えてくれる人がいて。遊び心がもっと欲しい世の中です。
motasuke URL 2006年03月16日 08:54:42 編集
なんというか
Winnyに関しては そのものの是非はともかく
とりあえず Winnyが入ってるパソコンで仕事なんかするなよ、
ってとこですかね。ましてや開発者逮捕って、それは違うだろ、と。
それってただの責任転嫁ですもん。

逆にいえば Winnyしたけりゃそれ専用のパソコンと回線用意しろ、話はそれからだ!
と個人的には思います。あと、自分のプライバシーが筒抜けになってしまう可能性もあるんだ
という覚悟、でしょうか。

この手の人達に共通してるのは「映画とか音楽タダで手に入ってラッキー」
みたいな感覚でいるだけに(そういうのも 流出したメール等でバレてる)
正直 同情は できないですから。
MARI URL 2006年03月16日 13:53:01 編集
MARIさんへ
急遽自衛隊でも40億円かけて、パソコンを購入して自衛官に配布するそうです。
今夜19:30からNHKの『クローズアップ現代』で特集を組んでいましたが、家族が勝手にWinnyをインストールしていたケースもあったりして…としていましたが、元はやはり情報管理の仕方の様な気がします。
隣で番組を見ていた妻が、パソコンもオンライン用とネットに繋がらない2種類の必要性を考えていたようです。
ウィルス対策ソフトも限界があるのは当たり前ですからねぇ。
勝手にインストールと言えば、ウチのパソコンは管理者の私以外のアクセスではインストールが出来ないようにはしてあります。
情報が流失してしまったWinnyとは何ら関わりをもっていなかった被害者は泣き寝入りなんでしょうね。法整備も追いついてないでしょうから。
銀行の出入り口の暗証番号なんかは変更すれば済むのでしょうか、手術内容が漏れてしまった患者さんは可哀相ですね。
motasuke URL 2006年03月16日 21:45:49 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。