スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

季節の変わり目



先日実家に行った時に撮ったのですが、オウバイ。
時節柄『黄梅』なのかな?小さな庭にこれまた小さい鉢があって
そこに咲いていました。
(母親曰く、庭の手入れをしてないから撮らないでぇ~)ごめんよ>お袋

花を愛でる事が多くなってきたのは、
年をとった証拠なのか、疲れていて癒しを何かに求めているのか

いずれにせよ、生活に彩りを加えてくれている事には違いない。
家の中にも花があちらこちらに飾られている。だが花には申し訳ない
気持ちも少しある。それは野に咲くのと家の中に咲くのでは
どちらが花にとって幸せなのだろうかと。
人間が身勝手に咲かせているだけでなければいいのだが…。

P1020112.jpg

それから、こんな花も玄関に咲いていました。このピビットな
色はちょっとインパクトあり過ぎて、少々戸惑いすら感じました。
南国や夏になら似合うかもしれませんが春先には強烈だなぁ。

ん?ん~?窓の外に少し日が差してきたぞ。
いいぞ、いいぞ!太陽の日差しは元気の基だ。
何だか昔のアニメの『新造人間キャシャーン』のようだが、陽の光には
活力が溢れていていいぞ。テンションあげてレッツゴー!

2006年03月07日 | Comments(6) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント
>(母親曰く、庭の手入れをしてないから撮らないでぇ~)ごめんよ>お袋
ぷぷ。ウケてしまいました。
うちの娘その2が自分のブログに
うちの猫の写真を載せようとしてるとき
じぶんが言ってるせりふとそっくりだ....。
(「部屋きたないから撮るなー!!」^^:)

ビビットなピンク色も
テンションあがりますね~^^
Umi URL 2006年03月07日 17:36:17 編集
Umiさんへ
こんばんは。ハタから見ると可笑しいですよね。
それぞれ気になっている視界に入っているものが違うのって。
でも娘さんが猫の写真を撮ろうとした時にUmiさんが見ていたのは、
私の母親と同じ視点だったのでしょうね。プ・プv-410微笑ましい光景が浮かびます。
しかし2枚目の花の色はどう見ても外来種か品種改良ですよね。
motasuke URL 2006年03月08日 00:15:32 編集
またまた考えてますね?
うふふー。
面白いですね。
またまた難しいこと考えてますね~。
私だったら野に咲くままがいいかなーなんてね。蜂さんとか来てくれそうだし。でも家でも愛でてくれるなら同じ短い命、そちらに捧げてもいいかも。(笑)

花にしばし心を奪われるように・・・私もなってしまいましたよ。
若い頃に感じた[綺麗だなー」と今この年で感じる「綺麗だなー」とはなにか少しニュアンスがちがってたりして。そんなことありませんか?
くらぴか URL 2006年03月08日 08:14:37 編集
くらぴかさんへ
ヘヘ。また変な事になってます。
どうも見てる所が、いや、見方に難があるようです。色眼鏡を通り越して色の3原色の内のどれかをカットしているかのようですv-394
蜂が来たり風に吹かれたりするから外の方が幸せそうですね。
でも雨にさらされたり踏まれたりする危険もあって、まるで人生じゃあ~りませんか。

フムフム。綺麗という感覚が色彩から、もっと全体から受ける感覚へ変わっている気がします。凛とした雰囲気や優しさがプラスされているようですね。
ちょっとガラにも無い事を申しました。
くらぴかさんにはどう違ってきているのですか?
motasuke URL 2006年03月08日 22:08:15 編集
走馬灯のように、ね、思い出が・・・・
どうやって説明したらいいのかな・・・難しいな・・・なんて考えながら、深夜にここでコメントを書いて、また途中で消去して帰りました。知らなかったでしょ?
思ったまま書きましょう。
若い頃はですね、これまた若い頃のmotasukeさん同様に色とか形とか艶やかさ、可憐さそのものに感動していたんですよ。
でも今はちょっとそこに感傷も加わったりして・・・。
どんなに鮮やかな大輪の花であっても、それを過去に何度も見てきた自分がいてその自分というものが漠然と蘇ってくるのです。その時々に感じたもの、自分の立場など走馬灯のようにね。なぜか時間の流れを感じるのです。
まだそこまで年は取ってないはずなんですが。(笑)
それにやはりmotasukeさん同様
花の表面だけでなく内に秘めるもの、感じます。

「~まるで人生じゃあ~りませんか。」っていうくだり、いいですね~。
くらぴか URL 2006年03月09日 09:30:42 編集
くらぴかさんへ
夜中に宿題の為に悩ませてしまったようで、アイすみませんv-436
門松をくぐって来た年月が感慨深くさせるんでしょうかねぇ。あの、決して歳をめされているとは一っ言も申してませんよv-391思い出のたくさんある人生って素敵じゃないですか。ライフ・イズ・ビューティフル~

どうも時折変な事を言うクセがありまして、所謂オジサン世代なんでしょうね。
motasuke URL 2006年03月09日 23:00:52 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。