スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

「企業経営」

motasukeです。
会社の将来展望で、どこまでを考慮して
つまりどのくらい先までを考えて現在の意思決定をするべきか。

将来を考えれば、今無理をしてでも実行すべき問題がある。

家康ではないが、『重き荷を背負うて、遠き道を行くが如し…』
  と分かっていながらイバラの道を選び、歩んでゆくのは難しい

 今夜はチト考えよう。
2006年02月23日 | Comments(4) | Trackback(0) | 仕事
コメント
はじめまして
はじめまして訪問履歴みてきました。

どのくらい先まで・・・
イノベーションを伴うものであれば、あまり先だと大衆には伝わらないと思うので、「大衆の意識を変えるまで」というのはいかがでしょう。伴わないものであれば必然的に一番有能そうな人(企業)の後追いになるのではないでしょうか。ではでは。
GreenTea URL 2006年02月24日 06:58:54 編集
答えは見つかりましたか??^^

考えて答えをだしたつもりでも
また「ほんとにそれでいいのか」とか考えちゃって結論でないときってありますよね。
あ..それはわたしだけかな....^^:


Umi URL 2006年02月24日 14:59:13 編集
GreenTeaさんへ
初めまして。意識を変えてもらう対象はせいぜい私とすぐ周りの
人々で十分なのですが、それでも尚難しいです。ふぃ~。
又いつでも気軽に遊びに来てくださいね。って今回はチョイ重めのエントリでしたが。
motasuke URL 2006年02月25日 00:13:30 編集
Umiさんへ
こんばんは。私頭が悪いんで考えても結局ループして
元の木阿弥って感じになってしまうんです。
だから、今回はやってみる事に決定!さてさて、どうなる事やら…。
何やらイバラの道というより、針山を歩いていくような感じでしょうか。
痛っ、ワォ。初日から波乱万丈でした。
motasuke URL 2006年02月25日 00:20:03 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。