スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

早く次に行かないと

さてさて、最近めっきり家庭的おじさんに変貌しつつある私ですが、
時折爪を出さないと使い方を忘れてしまいそうなので、政治ネタを。

国会の予算委員会でこの処、ホリエモンから自民党武部幹事長の次男へ
振込みの有無で騒いでおりますが、情けない様な気がする。

何が情けないって、通常国会の予算委員会で野党が与党に追及するのは
もっと次元の高いところでやってもらいたい。
政治家個人へ金の流れがあったとしても、国家予算について審議する事
とは話のレベルが違うのよ。せめて不正な金の流れを追求するなら防衛
施設庁の問題にしてよ。数十数百億という税金の無駄な使われ方を追求
できないからチマチマした問題を取り上げ、審議が進まないのは国レベル
で考えずに与党の揚げ足取りに近い。

メールでのやり取りなど、専門家が見れば本物かどうかすぐにでも分かる
であろうし、与党の間断無い「ガセネタ」とした点もある程度事前に情報
を掴んでいたかのようである。

民主党が執拗に追及するならそれも良しとし、煮え切らない対応をするにも
そうこうしている内により痛手を被る他の争点へ移らないから良しとする
ような感じさえある。

民主党のいう3点、4点セットというのも、他に重要事項があるだろうに。
質問を切り出したN議員も「ここで他に手の内があるか無いか見せる訳に
いかない」と言っているのはメールのコピーの他に手立てが無いと言って
いるに等しい。もしあるのならば、早急に出して次に進めるべきだ。

時間の限られている国会での審議にしては、採られるべき手法ではない。
M代表も政治生命を懸ける事になるかもしれない問題であるのに、いささか
足元が見えていないのではと心配になる。

自民党も駄目だと思っていたが、政権交代を謳う民主党は更に駄目だと思った。
今回の問題を切り口とするなら、早急に次の手を打ち、より重要問題へ進んでもらいたい。
より時間を費やすのは重要案件にしようという発想は無いのかな。
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。