スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

イチゴ大福



こんばんは、motasukeです。これは昨夜、子供達が協力して作った
「イチゴ大福」です。

出来上がるまでには、山あり谷ありのそれはもう聞くも涙語るも涙の苦心作
と言ったら、言い過ぎでしょうが、一番苦労した長女曰く
「もう二度と作らない」そうなのだが、経過を含めて写真を撮っていた私に
言わせれば、見た目はイマイチでも味は最高で、食べながら涙しました。
イヤ本当に。

白玉で餡子に包まれたイチゴを更にくるむ処が最難関。
くるもうとする白玉が手にくっついて、これがなかなか巧くいかないんだな。

それにイチゴが大きすぎたのか、白玉が終いにはくるむだけの量が不足して
しまい、そうなると少ない白玉が手にくっついたり、無理に包もうとして
薄くなった部分が破けて餡子が出てしまったりする始末。

この包むところが思うようにならずに、最後はとりあえず間に合わせ状態。
なので出来上がったイチゴ大福の皿にもられた写真は娘の強い反対を受け、
載せるわけにはいきません。

でもね、さっきも書いたけど、苦労して作られたからなのか、それとも
他に理由があったのか定かじゃないけれど、家族みんなで食べた時には
本当に涙が溢れてきたよ。
歳をとって涙腺が緩んできたのかね。見た目以上に味はイイし、弟や妹と
一緒になって作ったイチゴ大福は売られているものよりもずっと良かったよ。

親バカ丸出しだけど、近頃家族でお茶タイムのひと時がとても楽しい。

追記しました
最近、とっても眠くて、パソコンの前に座っていても画面を
見ているのか寝ているのか自分でも判らないような状態でして、
エントリをアップしてから、ハタと目が醒めてみれば、
 まぁなんとも変な文章で全く要領を得ていませんでした。

以後できるだけパソコンの前では眠り京四郎にならぬよう
努力致します。
(国会で先生達も寝ているけど、いいのかな?)
2006年02月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。