スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

近所にて

IMG_1044.jpg

お早うございます。motasukeです。
今朝は寒さが身に沁みますねぇ。

ご近所に咲いているかわった花?を見つけました。
植物は寒い、暑いとは不平を言わず、その場所に同化しているかのよう。

人間の暮らしが殺伐であったり、もの悲しくてもジッと咲いています。

IMG_1048.jpg


多くを語らずとも、しっかり主張がある。
   そんな姿に学ぶ事が多い気がします。
2006年02月19日 | Comments(4) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント
毎年同じ所にちゃんと咲き続ける植物には命を感じます
でもいつの間にやら無くなっている物もあるんですね
これってネコヤナギですかぁ?
こてやま君 URL 2006年02月19日 09:39:49 編集
こてやま君へ
人間も植物と同じ様に、地に足を着けて生きて行きたいですよね。
これってネコヤナギですかぁ?
そう、そこが問題です。
まだ眠そうにしていた妻に聞いても、
えーっと、えーっと、としか返って来ませんでしたv-409
誰かご存知の方はいませんか~?
motasuke URL 2006年02月19日 10:11:35 編集
そちらはそろそろ梅の咲く頃でもありますネ。
私も今日ちょうど、グロサリーからの買物帰りの道すがら、街路樹の枝にごく小さな新芽を見つけて同じことを思っていました。
どんなに凍るような寒い季節の中にも健気に生命を営んでる姿には感動させられますね。

↑の写真はネコヤナギだと思います~。赤い芽の皮がとれてもなお、随分と赤みが強いですね。
どこかのお宅に植わっていたのなら改良品種のピンクネコヤナギかな?とも思いましたー。
しほう URL 2006年02月19日 18:39:17 編集
しほうさんへ
お二人がおっしゃるので、これで裏はとれましたね。(こてやま君OKです)
しかしながら、同じ種でも今やどんどん改良されているので
同じものでも区別するのが大変になっている訳ですね。
ネコヤナギだからウチの近くを猫が徘徊していたり、ミニトマトの上で
昼寝をしていたのかなぁ。関係ないか。

寒い街路樹でも、そうした新しい命を見つけたりすると
      厳しさの中でもたゆまぬ営みに、光に似たものを覚えますね。
街路樹の木々と人とでは、どちらの方が逞しく生きているのでしょう。
などと柄にも無い事まで考えてしまう程、生命力を感じる事ができますね。

ところで、しほうさんは、街路樹をどのような気持ちで歩いていたのか
とても気になりますねぇ。ちょっとアンニュイだったのかな?
motasuke URL 2006年02月19日 21:17:17 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。