スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

バレンタイン ストーリー part2

こんにちは、motasukeです。
今日は日本全国バレンタインデーですね。そこで時事ネタという事で
いっちょまつわる話など。

今朝長女ら子供達が登校しようと玄関へ出た時、
長女の荷物がいつもと変わらない様子だったので、
     「あれ?忘れ物してない?」とこの前の日曜日に友達数人と
     キャーキャー言いながら作っていた手作りチョコを忘れている
     のではないかと、心配した私。

これをいくつか作ったのに…

が、以外な返事が

     「学校へは持っていっちゃ駄目なんだって」と、娘。

     はぁ????

子供達を見送った後、妻に聞いてみたところ、昨日学校からのお達しで
エスカレートするかもしれないから、チョコ禁止令がでたそうな。


ちょ、ちょっとタイム!そりゃ無いでしょ。あれ程気合を入れて、
買出しやら友達同士で集まって頑張って作っていたのに…。
誰に渡すのかは知らないけど(私の分はあるらしい、にま)、先生の分もと
作っていたのに。

エスカレートって、こうした楽しいイベントのエスカレートってタカが知れてる
だろうし、青春時代も含めて、その時にしかできない体験を奪うというのは
子供の発育にはよろしくない!
長女にしてみれば小学生最後のバレンタインで
初手作りに挑戦したのに…、もう可哀相。
ドキドキ体験や失敗談も含めて、思い出になるものだと思うんですけど。

IMG_0887.jpg
for you の文字が…


大体、危険に繋がる訳でもないのに、事前にそれを押さえつける真意って何?
エスカレートして羽目を外す事が心配というなら、言って聞かせれば良いんじゃない?
言われた事を自分で判断して、ここまでしたらいけないな、とか考える事すら
奪ってしまっては、考える事を止めさせようとでもいうのでしょうか?

仮に度を越えてしまったなら、そこで指導していくのが教育ってものじゃないかな。
思い出を奪い、考える機会を奪い、誰かの敷いたレールの上だけを進めとでも?

先日の不審者の事件を心配するのなら、放課後渡すのは止めるように、
「いろいろイベントがあるみたいだけど、休み時間にしろよ」なんて言えば
いいんじゃない?

    う~む。どうも禁止する目的が分りません。
    他の地域でもこうした動きなんでしょうか?
2006年02月14日 | Comments(8) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント
これじゃあ不信感募っても当たり前・・・
学校教育って、一体何なのでしょうね?
面倒になり得ると判断したものは片っ端から削除していってるきらいがあるような・・・
そういった手抜き教育が全て今の子供たちの態度や行動に
ダイレクトに反映されてるっていうのにどうして気づかないのかしら??
まぁ、学校だけじゃなく先日の『いただきます』を給食で言わせないでなんていうバカ親の類もしかりだけど、そういった思いもよらない発想が飛び出すことに、いいようのない不安を覚えますね。
たった年に一度の子供たちのワクワクイベントを取り上げる前に、もっと他にするべきことが山ほどあるだろーよ、え?!って言いたい。
しほう URL 2006年02月14日 13:59:07 編集
私も、最近の学校教育については??と思う事多いですよ~。。卒業して間もない、といえども、もう○年たってるし、短い期間でも、色々変わること多いし。。その中でも、一番納得いかないのが、全く関係ないんやけど、「なんで円周率が3.14じゃなくて3で計算していいのか!!」なんですよ~若いうちに頭使っておかないと!!ねぇ・・・(なんか、わけわからないコメントになってしまったっちゃ。。すみませぬ。。)
しずく URL 2006年02月14日 15:27:16 編集
子供の頃にはゆとり教育と言われて競争にない学校教育受けて世間に出たら実力主義になってた。
こんどはニートは駄目よですって。

つぎはぎだらけの教育です
こてやま君 URL 2006年02月14日 21:30:41 編集
ウチの学校は時と場所をわきまえないだらしないことさえしなければよしとしています。全校で4人しかいない女子は5人しかいない男子に「友チョコ」をプレゼントしています。もちろん女子同士でも。先生達にもおすそ分けがやってきます。全校生が500人ほどいた前任校では40リットルの袋に満杯になるほどもらったなぁ…。こういうことって「禁止」じゃなくて「体験」させることでいろんなことを教えていくものですよね。
讃遊亭禅楽 URL 2006年02月14日 23:04:59 編集
しほうさんへ
私も本日学校へフリー参観してきた時に、少し学校側とお話をしようかとも
思いましたが、教室で色々な子供を抱えている先生を見たら、
こうした問題は先生にではなく、システムの問題(家庭も含めて)と思い、
先生には日頃お世話になっているお礼のみ伝えて帰ってきました。

では、どうすれば今回のような禁止という手段にならずに済むのでしょう。
今更文部科学省に入省できるわけも無く、現実的には学校と家庭との話会い
の場を設けるという事でしょうか。

幸い、保護者説明会の終了後、長女と歩いて家までの道すがら聞いたところ
友達の分はこっそり持って行って渡したそうです。
でも先生にもあげたかったのは事実ですので、今回の一番の被害者は担任の
先生かも。
担任の先生も教え子から貰ったらさぞかし嬉しかったでしょう。
motasuke URL 2006年02月14日 23:39:48 編集
しずくさんへ
この円周率には私もビックリ・ドンキーです。
新しい理論が証明されて、根本が変わった訳ではないのに。
このままでは、ギネスに載せる項目が一つ減りますね?違うか。
いずれにしても、もう少し長期的に捉えていかないとおかしな方向へ
行ってしまいそうで、不安はありますね。
motasuke URL 2006年02月14日 23:47:58 編集
こてやま君へ
中教審で長く議論はされているようですが、どうも結果だけ見ると
その時々の時代背景が色濃く出てしまって、
その都度、右往左往しているように見えますよね。
教育って基本は普遍的なものを中心にしないと、いけないのではないでしょうか。
被害を受けるのは、現場の当事者である
教師と子供達です。
motasuke URL 2006年02月14日 23:53:51 編集
禅楽さんへ
禅楽さん、こんばんは。
40リットルの袋に一杯だなんて、まるでジャニーズのようですね。
そんなにチョコがあったら、どんなに幸せな事でしょう。
でも保管場所にこまりますよね。人気者は辛い~(羨ましい~)。

そうなんです!この「体験」っていう大切なものを是非味わって
もらいたいんです。痛み・苦しみ・悲しみ・喜び・楽しさ…
そうした実体験が人を思いやる気持ちにもなるのではないでしょうか。
今しか出来ない事、これは失敗してもいいから、「体験」して欲しい。
そんな風に思います。
motasuke URL 2006年02月15日 00:05:24 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。