スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

i,ROBOT感想記

こんばんは、motasukeです。
WOWOWで映画『i,ROBOT』アイロボットを見ました。

感想は本編に関係もあり、無関係でもありで、
   やはり、人間は悪いの?
   いや、 悪い人間は無くならないの? というべきか。

思考能力の高まった人工知能の下した判断が
   人間を守る為には、危険要素を含む人間を亡き者にする。となる訳だが


展開そのものは、昔からある、論理的につきつめていくと人類の存在は
是か非かといったところか。

確かに
地球上に人類が誕生して僅か1万年程度。人類の歴史は戦争の歴史でもあり、
これだけ繰り返してきても尚争いは耐えない。そして故郷である地球を汚染し
破壊続けている人類の存在意義って何だろう?

    はい、この答えは宿題で~す。じっくり考えて下さい。


映画を楽しく見る為には、この映画の違う見所を挙げましょう。
 えーっと、えーっと、CGは確かに凄いんでしょうけど、そっち方面苦手だし
そうそう、主演のウィル・スミス(そう言えば最近スミスさんという主人公の映画が…)
あの肉体美ですか。あんな風になってみたい
別にソチラ系ではないので、目を輝かせて素敵などとは思わないが、
自分の体があんな風にカッコ良かったら人生違っていただろう。同性が見てもカッコ良く、
女性から見たらウットリ  あの胸に飛び込んで…となるに違いない。

もしこれを読んだ男性が若い人であったなら、今からでも遅くは無い、
体を鍛えましょう。中年以降の方は諦めましょう。陽の当たる場所は若い者
に譲ろうじゃありませんか。

その分、熱いハートとクールな内面から滲み出る男らしさを磨きましょ。
若さだけに飽きてしまった女性や何か物足りなさを感じている女性がきっと
いつか表れるでしょう。それまでにあなたが男らしさを纏っていられたなら
ですけどね。

私は目の前の女性(妻、娘2人)3人で手一杯ですので、これ以上てに負えません
因って肉体も内面も改造不要ですので、のんびり、まったり暮らして行きます。
皆様のご検討を心よりご期待申し上げ、今回のエントリとさせて頂きます。
                                       それでは。
2006年02月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。