スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

取材に思う

こんにちは、motasukeです。
先日私の住む街で小学生にカッターナイフの様なもので切りつける不審者が出たという事件がありました。

当日はそんな事があったとは知らず、外回りをしていたので、何故テレビ局の中継車が来てるの?
ぐらいの事しか考えませんでしたが、まさか不審者が出たとはおもいませんでした。
何せ田舎街なもんですから、テレビ局がくる程のモノがあるとは思えませんから。

そこで思った事がいくつかありますので、書いてみます。
以後少々言い回しがきつくなるので、ご注意下さい



社会部かどこの部署かは知りませんが、取材という名目で曖昧な情報を住民に与える事で不安を煽らないで欲しい。
そうした意図的な誘導ともとれる取材を受けた住民が、被害者に対して「注目を浴びたいが為の自作自演だったのではないか」という疑念を持たせてしまったのは、マスコミの影響が大きいのは事実だ。そうした近隣の疑いの目で一時的にせよ見られてしまう事になった被害者の子供や家族の事が不憫でならない。

小学生を持つ同じ親としても、断固として言いたい!
怪我を負った上に更に精神的にも追い込まれるような仕打ちを何故止めないのか。こうした時に出てくる決まり文句が「知る権利と言論の自由、我々には知らせる義務がある」である。そんな事を言う人間が存在し、そうした理屈で成り立っている放送業界って不要なものとしか思えない。仮にCMを打てるだけの資金力があったとしても、そんな事をしている報道機関には絶対に依頼しない。人の心に土足で上がりこむような処へ資金提供し活動の一翼を担うと考えただけでも嫌気が差してくる。

それからもう一つ。
保護者の方が不用意な情報で心配の余り、不安になるのは分かります。私も人の親ですから。
ですが、リアルタイムに全家庭に連絡するなど不可能な事を要求するのは如何なものでしょう。メールがあるんだから、全員同時に知らせる事が可能な筈だ、とか言う人がいたそうです実際に。ご自分の置かれている状況が全ての人には当てはまるわけがないのですから、もう少し冷静になって発言されても良いのでは?
親が常軌を逸してしまえば、それを見た子供の不安は更に大きくなるばかりです。もう少し冷静になって対応する事が肝要ではないかと。関係者は懸命に、正確な情報を早く伝えようと努力している事を忘れないで下さい。

事件のその後の推移は分かりませんが、現在は集団で登下校する体制をとっており、クラブ活動も自粛している状態です。
一日も早く事件が解決し、グラウンドや校舎から子供達の無邪気な声が聞える事を待ち望んでいます。
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。