スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

我が家にピアノがやってきた



こんばんは、motasukeです。
とうとう妻の実家にあったピアノが我が家にやって来ました。
これまでは所謂、電子ピアノというものを使っていましたが、長女も小学校6年生になり、
そろそろ家でも本物のピアノで練習した方が良いのでは、という判断。

グランドピアノは入る筈も無いので、背中がすっきりしたタイプ(何ていうのかな?)
を実家から強奪した妻ですが、今頃あのスペースは寂しさが漂っていないかい?

IMG_0869-1.jpg   IMG_0870-1.jpg


調律もしてもらったのですが、しばらく放って置いたもんだから
かなり音が狂っていたようで、半音ぐらいは違っていたようです。
何でもピアノは製作してから5年後から20年くらいまでがいい音が出るそうな。

IMG_0875-1.jpg

昨夜、偶然にもテレビの『世界の芸術品』という番組でドイツの
ピアノ製造メーカーがグランドピアノを作る過程を放送してました。
もの凄く多くの手作業による工程を経て出来ている様子を見ていたら、
高価である事にも頷けるし、大切に使わないといけないなぁと思いましたよ。


そこで紹介されていましたが、
知ってました?ピアノ線って20トンの力で張られているんですって
そんな張力に耐えられるんですから、舞台で人や物を吊り下げるなんて
わけない事ですね。20トンと言えば、乗用車10台分以上って事になりますから。

ところで、ピアノが来たのはいいけど、実際、娘の演奏を生で聴いた事が無い私。
娘は発表会にも何度も出ていますが、聴いた事は無く、写真を見て雰囲気を感じるくらいです。

という事で、近所にどのくらいの音で聞えるのか確認する為、
長女に練習中の曲を弾いてもらうことに…。
IMG_0877-1.jpg

おお、素晴らしい!思っていた以上に巧いもんだわ。
遥か昔にトランペットでナンバー1だった父上(私ね)のDNAを
しっかり受け継いでいるではないかイテ! 違うようです。
ピアノをやっていた妻のDNAを受け継いだからだそうです
それと、「今日は練習したの?」という愛のムチがあったからこそ、今の姿があるそうです。

さっきからお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、
『そうです』という表現ばかりですな。ハ・ハ・ハ。
ってそうそう笑ってられる状況でもないんですけど、
理由は簡単。これまで私が家に余りいなかったからです。仕事ばかり…。

これからは、そうした空白の時間を埋めるとも無く、時の流れをつかめるよう
できるだけの時間をとっていければ、いいな。なんて考えてます。
予定は未定ですが、できるだけ、そうしたいなぁ。


2006年01月28日 | Comments(6) | Trackback(0) | 家族・教育
コメント
ピアノは女の子の憧れですよ~
motasukeさんとこにきたピアノって、「アップライトピアノ」の事かな・・・私も家にありますよ~(^^)でも、高校入るくらいまではピアノ習ってたので毎日弾いてたけど、今じゃ好きな時に趣味程度にしか弾いてない・・・そういえば、昔置くところないのに、「グランドピアノ」欲しいってダダこねた事あります。。だって、「グランドピアノ」かっこいいんだもん!!
しずく URL 2006年01月30日 10:52:53 編集
こんなのがアッサリスッキリ入っちゃうなんて~。
アップライトとはいえ、すんなり入るスペースがあるなんて、すごいー。
お嬢さん、おうちでもちゃんとピアノで練習できるようになって、さぞ嬉しいでしょうね♪
ずーっと大人になっても続いてくれるといいなぁ。

>何でもピアノは製作してから5年後から20年くらいまでがいい音が出るそうな。

そうなんですかー。どうりで実家のピアノは25年を過ぎたあたりから、毎年ちゃんと調律しているにもかかわらず音がミョーに変わったなぁと思っていたんです。(曇ったようなスッキリしない音)
しほう URL 2006年01月30日 16:11:56 編集
しずくさんへ
グランドピアノはカッコイイですよね。
家にピアノが来ただけなのに、久し振りにコンサートに行きたくなってしまったv-398
どうも思考回路が単純なようですな。
それと何故か、
映画「海の上のピアニスト」でのシケの海で船体が揺れるのと同時に
グランドピアノがグルングルン回りながら演奏するシーンが
頭から離れない~。
motasuke URL 2006年01月31日 00:13:31 編集
しほうさんへ
スペースで言えば、子ども達のおもちゃが散らかったまま
にならないで済むので、一石二鳥ですv-410
本人は嬉しいのかどうなのか…その辺りの表現が苦手な子でして。
もすかすると親の方が喜んでいるかも知れないくらいです。
でも、まぁスイミングやテニスよりも続いているのをみると
彼女には合っているんでしょうね。
数年後でも続いていれば、ピアノのコンサートにも一緒に行ってみたいものです。

ご実家の調律は毎年されているという事は
しほうさんもピアノ弾かれるんですか?
motasuke URL 2006年01月31日 00:28:21 編集
それって、大事、大事。
お嬢さん、おうちのお財布と時間が許す限り(日本は高いですもんね)ピアノのリサイタルなどにはどんどん連れて行ってあげてください♪
(本人が行きたいかどうかが一番重要ダケド)
自分から進んで弾きたいっていう気持ち、とってもイイですネ!私は半強制的に続けさせられていた部分があったので(6-22歳くらいまで)練習ギライでホント苦労しました。
でも、今幅広いジャンルの音楽に興味を持ち続けていられるのは、子供の頃に培ったベースが大きいなぁと実感してます。

私も数年してもう少し落ち着いたら、また再開できたらいいなぁーって思ってマス♪
しほう URL 2006年02月01日 15:33:08 編集
酒代が減った分で
リサイタルには私の酒代が浮いてきた分を回せばOKかな。
正月以来呑んだのは昨日のビール一杯だけですから。それも家で。
気が付けば財布にはそろそろ溜まっているはず…。
余り中身を数えてないから分かりませんv-393

しほうさんはジャズの巨匠に会って握手したりと、充実したミュージックライフですよね。
芸術って癒されたり、高揚したりと、精神衛生上の重要な役割があると思います。
是非再開して欲しいなぁ~。
motasuke URL 2006年02月02日 10:47:32 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。