スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

まずは夏休みのイメージトレーニング

夏休みと言えば、まず、夏休みの日程を決めないといけないんですよ。まぁ夏休みと言っても、社会人なので盆休みという表現の方があってますけどね。

有効活用して家族でどこかへ行きたいとは思っていますが…。
確か以前に長女が家族でどこかへ行きたいと言っていた様な気がするんですが、具体的に場所等までは出ていなかったと記憶しています。

という事で、まずはどんな事をすれば家族が喜んでくれそうかをイメージしながら、シナリオを考えなくちゃ、って事です。

近頃は夜、会合から流れて飲み会というパターンが多くてなかなか家族との時間がとれていないので、この辺りで一発逆転、お父さんの株を上げる作戦といきましょうかね。

どうも子供達にしてみると、テレビの旅番組みたいな物を見ては、旅館に泊まって美味しい料理を食べる、という展開にすごく憧れを感じているようなんです。旅館というと、すぐ温泉を連想してしまうんですが、ここが問題で、妻はあまり温泉が好きではないんです。

なんと言っても、我が家の5人は全員が血液型Bでして、なかなか意見がまとまりません。どこかへ食事をしに行くにしても子供達が行きたいところがバラバラで、行き先を決めるだけでかなりの労力を必要としてしまうんですねぇ~。

ですから、夏休みの予定がどのように集約されていくのかは、つまりは自分以外の人にどれだけそのプランが楽しいのかを上手く伝えられるかにかかっているわけで、相手にそのイメージを思い浮かべてもらえるかになるんです。

自分の夏休みのイメージができたら、その後は家族にそのイメージをどうやって共有してもらうかって事ですね。
相手に思いを伝える事の難しさを、小さい頃から自然と学べる、と言えば聞こえは良いんでしょうが…。さて、どうなる事やら。
2005年07月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | つれづれ
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。