スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

「世の中、なんかヘン」

ライブドアのニュースはおいておいて、
今朝見た新聞の内容で「いただきますを言わせないで」
というのがありました。こちらです。

小学校へある親御さんから、
「ウチは給食費を払っているんだから、子どもにいただきますと言わせないで」
という申し入れがあったそうです。

私、最初何を言おうとしているのか真意を掴めませんでした。
読んで分かったのですが、お金を払っているのだから食べられるのが当たり前。
当然の権利だから、いただきますと言うのはおかしい、というのです。

???え~っ?な、なんですって?
いや全くもって、さっぱり価値観が分かりません。
学校の先生は勿論、PTAの役員にでもなっていたら、こうした考えを持つ人と
対峙しなければならなかったかも知れません。危ない危ない。

お金で物事が解決すると思っているのでしょうね。
給食も材料となる食材を作っている生産者の方がいて、調理をしてくれる人、
それを運んでくれる人、目の前には盛り分けてくれる同級生だっているじゃないですか。


そうした人達の手を経て、自分が食べられるという事を教えようとはしないんでしょうか?
話が振り出しに戻りそうですが、お金至上主義は心まで蝕むようですね。
子は親の背中を見て育つ。と言いますが、こうした考えを持つ親の元で育つ
子どもの行く末が心配です。

「いただきます」という言葉は、タダで貰う場合にしか使わないと認識しているようですね。
この場合は「ありがとう」の意味だと思いますが…。
或いは感謝の気持ちを表す言葉ではないのかな。

記事の中でも、この論争が起きた当時を振り返っていますが、
けっして反対意見ばかりではないというのですから、更に驚きです。

私はやはり古臭い考えの持ち主なのでしょうか?お店で注文した料理が出てきても
「ありがとうございます」って手をあわせて言っていますが、
アリガトウの言葉は勿論先程来の解釈があるようですし、手をあわせる
という行為も、宗教的でいけないとする意見があるようです。

そうは言っても、私とて、子どもの頃や学生時代から、
料理を出された時に手を合わせていた訳ではないですよ。
年を重ねるにつれて、よりそうした気持ちが強くなってきたという感じです。

家庭での食事も同じです。お腹が空いていて、自分が先にテーブルについたとしても、
料理をしてくれた妻が座るのを子どもにも待たせて、みんなで
「いただきます」
をしようと思っています。それが作ってくれている人への礼儀じゃないでしょうか。

相手を思いやる気持ちが希薄になってきているのでしょうね。
偉そうに聞こえるかも知れませんが、心(ハート)が無いよね。悲しいね。
2006年01月23日 | Comments(8) | Trackback(2) | 家族・教育
コメント
驚き
わたしもこの記事を数日前に知った時  
思わず(゚д゚ )ポカーン・・・となってしまいました。
↑本当にこんなかんじだった。

最近・・・なのかはわかりませんが でも確実に
常識というかまともな論理が通じない大人=親という人が
増えてるような気がします。
「いただきます」も 作ってくれた人はもちろん
人間が生きるために食べられる もう一つの命に対する
感謝の意の意味もあるのに、その親の人間性を疑ってしまいます。
MARI URL 2006年01月24日 10:21:52 編集
そうでした
もう一つの命に対する気持ちを忘れてました。
ボロが出てしまいましたぁ。i-237
さすがMARIさん、naturalライフは心もナチュラルですね。

テレビの「喰いタン」という番組でヒガシが
いただきます。と毎回言っているのも偶然なようで
同じ事を思っている人がいるんだ、
と納得もしたりしてます。

ゆとり教育が取り入れられて、学力低下の懸念から
今度はまた再検討などされていますが、
道徳教育をもっとした方がいいように思えますよね。
motasuke URL 2006年01月24日 11:43:04 編集
私も驚きました・・・
motasukeさん、こんばんは。
ちょうどこの話題について話したばかりだったのでタイムリーさについついコメントを残しまーす。

生きとし生けるものは全て他の命を犠牲にしないと生きていけないという事が、「いただきます」と言う言葉の中にこめられていますよね。
もちろん作って(農作物から料理担当まで)くださった方に言うのも大事です。ですが、本当はそれらの何千と言う命を自分が生き長らえるために感謝して「いただく」と言うのが本当の意味なはず。
それを給食費を払っているからって・・・意味がわかりません。小学生のお子さんがいる母親ってたぶん私よりちょっと年上なはず。一体何を教わって育ったんでしょうね・・・。食べ物を残してもやっぱり何も言わず、ささっと捨ててしまうのかしら。残念な世の中ですねぇ。
olive URL 2006年01月24日 13:15:14 編集
再認識しました
こんばんは、oliveさん。
生命というものと生態系というものを改めて認識させて頂き、有難うございます。
自分の口に入るまでに幾つの命がその糧となったのでしょう。
そうした、ある意味犠牲の上に私達は生かされているのですね。
そう考えると、益々もったいなくて食べ物を残すなんてできませんね。
今日の夕食で話題に出して、子どもと一緒に考えてみようと思います。
motasuke URL 2006年01月24日 15:50:38 編集
いやですね
私はしつけがちゃんとしていましたから?頂ますぐらい言いますよ

でも先生も言わせる前にちゃんと意味を教えてあげれば良かったのにと思います。
そうすれば子供さんが親に教えたかも知れませんね
こてやま君 URL 2006年01月24日 21:59:53 編集
こてやま君へ
流石こてやま君、しつけは大輔君でお手の物でしょう。
学校の先生というのも、つくづく大変な職業だなぁと思います。
果たしてこの先生や学校はどう対応したのでしょうね。

ちなみに夕食の時に娘に尋ねたら、この話は先生に聞いたそうで
娘としては、「いただきます」を言わない事を肯定する人が他にもいる事が
信じられないと言っていました。親子での価値観が違っていなくて
少しホッとしました。
motasuke URL 2006年01月24日 23:11:18 編集
Re:「世の中、なんかヘン」
たぶん、外食産業が急激に発達したのも何かしら影響があるんじゃないですか?
ファミレスやファーストフードの店で「いただきます」って言ってる人を見かけることってあります?
学校や家庭だけの問題じゃないと思うんですよね。
みんなで、ファミレスなど外食の時にも「いただきます」って言う運動しますか?
SONNETTE URL 2006年01月25日 10:01:32 編集
SONNETTEさんへ
確かに外食時に言っている人は少ないですね。
私、数少ない人になりますが…。
んーどこか恥かしさがあるのは事実ですよね。
いや、恥かしさとはチト違うかなぁ。回りに聞かそうとしている訳ではないから、そう大きな声ではない。
という表現が合っているかも。

それじゃ、いっちょ、「いただきます」って言う運動しましょう。
できる事から始めるって事で。
motasuke URL 2006年01月25日 21:39:25 編集

管理者だけに表示する
トラックバック
こないだの話です!日記の書き方ってこんな感じで良いんですか?どう思うぅ?あたしだけかしらネ…
初めましてなブログ 2006年01月24日 04:59:19
ファミレスやファーストフード店で「いただきます」と言っている人を見かけることはありますか?motasukeさんの「世の中、なんかヘン」(PC向け/携帯向け)を拝読し、我と我が身を振り返った。うん、だいじょうぶだ、私はファミレスでもファーストフード店でも食堂でも喫茶店
CdS::weblog [ja] 2006年01月25日 11:01:36

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。