スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

最早電話という概念が…



私はwi-fi仕様のiPodを持っているのだが、使い始めてから一年にもなっているのに先日初めて
face time を使ってみた。
あれま、テレビ電話ができるじゃないか。

妻の話に拠れば、互いにアップルIDを持っていれば繋がるそうだ。
固定電話や携帯電話の通信料は発生しない、無料でテレビ電話ですよ。

巷で流行っている『Line』も子供達の影響で半年以上も前から使ってみたりしてますが、
これまた無料でメールの遣り取りや音声通話ができるんですよね。

ネット環境が整っていれば、有料で通話するのが何だか馬鹿馬鹿しく思えてくるし、
通信システム会社はこれからどうやって収益を確保していくのか他人事ながら心配にもなる。
確かにまだまだネットがどこでも繋がるわけではないので、スマートフォンの様に4Gとか
要するに自分で通信しなければならない状況が多いのであれば、その契約料が収入となるが
私のようにwi-fiモデル限定使用者はどこからも課金されず、何だかとっても得した気分ですぜ。

まぁそんな状況を差し引いても、かれこれ15年は使っている携帯会社からはえらく高い請求されてますが…。

固定電話は市内3分10円、携帯電話は30秒15円つまり3分90円でしょ。
元々この携帯通話料が高すぎるんじゃない?
パケット通信料は額面月々数千円だけど、明細に記載されている本来の請求額はウン十万円なんて
わざとらしく書いてあるそうだけど、パケットはべらぼうに値引きされるのに音声通話の値引きは
本当にスズメの涙状態。

その内皆通話料無料のネット電話になって、家の電話の次に今度は携帯の音声通話も無くなるのと違う?
数年後には学校等の連絡網に記載されるのが、今の携帯電話番号から何か別のものになっているかもなぁ…
なんてな事をフト思ったりしました。





2013年01月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | パソコン関係
コメント

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。