スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

にくじるって言うな!



写真とはまるで関係ありませんが、言葉遣いで許せない事が一つあります。
テレビやラジオで「肉汁」を「にくじる」と呼ぶ事です。
これは「にくじゅう」でしょ。

一番最初に聞いたのは、とあるテレビ番組で石塚某オデブちゃんが言った時。
テレビの前で「にくじゅうだろ、間違えてんな」と突っ込みました。

それ以来、何度同じ間違えを聞いたことか。
余りに多いので、流行り言葉で間違っていると判っていながら使っているのとすら思えた。
お笑いタレントがふざけているならまだしも、食品の紹介場面で(多くはハンバーグだったりする)
アナウンサーまでもが使っているのを耳にする。

公共の電波を使って、間違いを流布するな!
だいたい、「にくじる」って言葉に品が無いと思わないのだろうか。
そんな言葉で紹介された日にゃ不味そうなイメージしか湧かないのは私だけではあるまい。
別に気取っているつもりはないが、もう少し正しい日本語にしてくれ。

そんな訳でタレントの石塚某が最近憎らしくも思える。
『坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い』と似ているな。

頼むから「にくじゅう」と言ってくれ。


2012年10月29日 | Comments(2) | Trackback(0) | ちょっと疑問
コメント
No title
motasukeさん、こんにちは
テレビやラジオでの誤った言葉の使い方、最近とくに多くなったような気がします。
元々日本語は音読みと訓読みを混ぜては使わないのが基本なんですけどねぇ。
言葉の乱れは国の乱れに繋がる・・・今の日本、ホントに乱れちゃってますよね。
だっくが一番嫌いなのは「真逆」。
これは辞書にも載っており、NHKのアナウンサーも使うようになってきていますが、やはりどう考えても変ですよねぇ。
そして「~~じゃないですか。」という言葉遣いにも苛ついてしまいます。「お前に押しつけられるいわれは無いっ!」と言いたくなります(^^;)
コンビニ・ファミレス専用語?にも腹が立ちます。「○○で宜しかったでしょうか~!」
だっく URL 2012年10月30日 14:50:11 編集
だっくさん
だっくさん、こんばんは。
確かに言葉は生き物で、長い目で見れば
これまでも変化してきています。
『ら』抜き言葉などは最たるもので、今では多くの人が
見る事が可能な事を「見れる」と言っています。

しかし変化と間違いは区別するべきだと思います。
読み方が間違っているのは訂正するべきですし、
放送用の原稿ならば、しっかり校正したものをアナウンサーやDJに渡すべきです。

あ、コンビニ・ファミレスは変な言葉多いですね。
「○○になります」と注文の品を出されると、
今は別の物だけどこれから変化していくのか?と考えてしまいます(笑)

昭和も昔になりにけり。時代とは恐ろしいものです。
motasuke URL 2012年10月30日 19:40:48 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。