スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ゲット



ダイブシーンも久し振りに撮ったし、カワセミも魚を捕まえた。
つまり私もカワセミも『ゲット』したのだ。

近頃カワセミにお目にかかれない事も多い所為か、この日の撮影は何度もAFボタンを
押し損ねてしまった。
照準器で飛び込み位置はバッチリ押さえたと思い、ウキウキしながら画像を確認すると
まるでAFが利いたとは思えない程のピンボケな写真が何枚もあった。
ボタンの押し込みが不足したのか、AFボタンよりもシャッターを先に押してしまったのか、
いずれにしても、からっきしピントが合っていないシーンが何度かあった。

そんな事を防ぐ為にもファインダーで追えばいいのだが、近頃ファインダー内の画像確認能力が
低下しており、ピントが合っているつもりでもズレていることが度々あるから困る。
飛び出してからも追尾しながらシャッターを切っていると、ミラーアップに紛れてカワセミを
見失うこともしばしば。
真面目に眼鏡の新調を考えなければ駄目かもしれない。

冷静に考えればミラーアップで見失うのは、カワセミの速度に合っていないからなんだよな。
今の自分には25mぐらいでの撮影距離があっているのかもなぁ…情けない話だ(涙)
2012年10月24日 | Comments(2) | Trackback(0) | 自然・環境
コメント
No title
motasukeさん、おはようございます。
見事に解像、ジャスピンですね。これだけ撮れれば言うこと無しでしょう。
照準器は、被写体までの距離により収差が発生してしまいます。とくに近ければ近いほどその収差は大きく、ピンぼけ発生確率が高く撮影成功確率は低くなってしまいます。
照準器は、止まりモノの初期導入に使い、その後はファインダーでの肉眼追尾に徹すべきだと思っています。
ミラーアップダウンによるロスト、これにはいつも悩まされています。秒間10コマ撮影が秒間20コマ撮影可能となっても、ミラーがアップしている時間は殆ど変わらないでしょう。
思い切ってミラーレス機という考え方もあるのですが、高速撮影画質が今ひとつですしねぇ・・・
悩みは尽きません(T_T)
だっく URL 2012年10月24日 04:31:40 編集
だっくさん
だっくさん、こんばんは。
お褒めの言葉有難うございます。
が、だっくさんレベルからすれば今一ピンが甘いと思います。
まだまだ精進が足りないと自覚しています。
ファインダーでの追尾を行うことの方が近頃では多いのですが
正直なところまだまだ成功率が低く、
週一の撮影でどうしても何枚かはまともなものを撮りたいという
焦りから照準器のみで着水点を追ってしまうという
自ら技術向上の遠回りをしている状態です。
ですから尚更だっくさんの技術に感服致します。
宮部教官のように間近で御指導賜りたいです。

ミラーの動きは本当に厄介ですよね。
それも含めて、越えなければならないハードルがいくつもありますが
やはり週一の撮影では儘ならないでしょうかね(涙)

motasuke URL 2012年10月24日 21:21:24 編集

管理者だけに表示する

最近の記事

プロフィール

カレンダー

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

こんなん書きました

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。